年金制度改正で、保険料節約の大チャンス!

生命保険の加入を検討する際に、決して見逃せないのが国から支給される「遺族年金」です。

 

これを無視して生命保険に加入してしまうと、とんでもないムダがでてきたりします。

 

この「遺族年金」で、4月に大きな改正があります。

 

どのような改正かというと、妻が万が一の際に、子供のいる夫が「遺族基礎年金」の支給を受けることができるようになった点です。

 

この3月までは、改正前なので支給停止になるのですが、それが4月以降はもらえるようになるのです。

 

 

例えばお子さんが2人いるご家庭であれば、1年あたり、およそ120万円程度が支給されるようになります。

 

もちろんですが、この支給額は子供が18才を迎えるまでずっと続きます。

 

 

一時期、生命保険の各会社は、この遺族年金の制度を活用して「妻が万が一の際の」生命保険を勧めていたことがありました。

 

奥さんにも収入があれば当然、死亡保障は必要になります。

 

また、ご主人と収入が同じくらいなら、遺族年金がないぶん、奥さんの死亡保障の方が厚くなっても何ら不思議ではありません。

 

しかし制度の改正により、妻の死亡保障を大きく見直せるチャンスがやってきました。

 

消費税は上がりますが、生命保険は大幅な節約ができるかもしれません。

 

あなたの家の生命保険は、節約の余地はないですか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ