3大疾病保障保険に加入すれば、一石三鳥!

3大疾病保障保険ってご存知でしょうか?

 

ガンに罹患した時、または脳卒中、もしくは心筋梗塞になって所定の障害状態が継続した時に保険金が支払われるのですが、通常は「特約」というカタチで、別の商品と抱き合わせでないと保障がつけられないケースが一般的です。

 

しかし、いくつかの保険会社では、これを単品で販売しています。商品名は、保険会社によって違っており、ここに掲載した名前どうりのものがあれば、別の名前だったりしています。

 

この3大疾病保障保険は、先ほどの保障以外に2つの機能が備わっています。

 

一つは死亡保障です。3大疾病と同額の保障があります。3大疾病になって保険会社の支払事由に該当すると、その時点で保険金が支払われて契約は消滅しますが、3大疾病にならない場合でも死亡保障が備わっていますので、生命保険としても機能しているのです。

 

しかも3大疾病保障保険を終身保障で加入した場合、一生涯の保障ということになるので、契約した保険金が3大疾病に罹患する、しないにかかわらず、必ずもらえるようになります。しかも繰り返しになりますが、3大疾病の保障がありますので、3大疾病にかかった際に保険金を受け取ることも可能です。

 

もう一つは貯蓄機能です。

 

終身タイプで加入した場合、契約を解約した場合の解約返戻金が、契約年数を経るごとに上昇していきます。

 

3大疾病や死亡保障を確保できるのは先ほどご説明したとうりですが、子育てが終わり老後を迎えた場合、病気や死亡に対する保障の必要性は、保険に加入した当初と比べると低くなっているはずです。

 

また、収入面は年金が中心になり、社会保障は先細りしていくことが予想されます。そのような時にこの保険を解約すると、キャッシュバリューが生まれ、老後資金に活用することができます。

 

保険会社や保険料の払い込み方法にもよりますが、解約の時期によっては払い込んだ保険料と同じくらいの解約返戻金を受け取ることも可能です。

 

このように、子育て時には3大疾病や死亡保障を確保し、老後を迎えた後は、契約を解約して解約返戻金を老後資金として活用する。

 

「病気の保障」「万が一の保障」「老後資金の活用」

 

3大疾病保障保険は、一石三鳥の機能が備わっています。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ