死亡保障の設計で注意すべきこと!

生命保険に頼るべき保障が
全くない方は関係ないのですが

 
生命保険が必要な方の場合
万が一の死亡保障といっても

 

 

ただ単に保険に頼るべき保障や期間を
調べればそれで全てOKかというと
必ずしもそうではありません。

 

 

このことは
無料レポートでは
説明していませんでしたが

 

 

大切なことなので
ぜひ覚えておいてください。

 

 

保険の支払いは
通常、長期間にわたります。

 

 

しかも決して安い出費ではありません。

 

 

なので
いま払えるかどうかだけの視点以外に

 

 

支払う保険料の積み重ねが将来の家計にどう影響を与えるかの
視点も必要になります。

 

 

なぜ必要なのかというと
いずれあなたは老後を迎えるからです。

 

 

老後になれば
年金をもらいながらの生活を送らざるを得ません。

 

 

働いてお金を稼ぐといっても
今と同じ給料をもらうことは難しいでしょう。

 

 

もし生活費が今と老後で
変わらなければ

 

 

老後は毎月毎月
収入が支出を下回ることが予想されます。

 

 

 

この場合
考えられる選択肢は2つしかありません。

 

 

一つは、それまでに貯金を蓄えておいて、その貯金を取り崩しながら生活する

 

 

もう一つは
無い袖は振れないということで

 

 

収入に見合った生活を送る
この2つのいずれかしかありません。

 

 

あなたなら
どちらを選びますか?

 

 

保険は万が一の話ですが
いまご説明したことは

 

 

あなたを含め、ほぼ全ての方が
将来必ず直面する事態です。

 

 

そう考えると
むやみやたらに

 

 

必要な保障だからといって
生命保険に加入するのではなく

 

 

将来に必要になるお金を
ある程度見定めて

 

 

そのうえで
生命保険の予算をあらかじめ決めておくということも大切な考え方です。

 

 

もちろん
予算設定するとはいっても

 

 

むやみやたらに
保障額や保障期間を削ってしまっては
意味がありません。

 

 

その場合
どうしても保険に頼る必要がある
保障額や期間を絞り込んで
保険加入する必要があります。

 

 

万が一への準備も大切ですが
あなたがこれから生きていく将来は
もっともっと大切です。

 

 

なので
いま払えるから保険加入しておく
という視点だけで

 

 

保険加入を検討しないよう
ぜひ注意して下さいね。

 

 

それでは失礼いたします。

生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページはこちら

http://www.fp-hijitsura.com/

 

そのまま実践するだけで保険料9割カットを実現した

無料の「生命保険節約レポート」の詳細ページはこちら

http://www.fp-hijitsura.com/report.html