独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 長期定期保険を活用すれば、家計は大幅に改善できる!

長期定期保険を活用すれば、家計は大幅に改善できる!

長期定期保険というのをご存知でしょうか?

 

長期定期保険とは、文字どうり長期間にわたって死亡保障をまかなうことができる定期保険です。

 

これをどう活用するのかというと、終身保険の代わりに利用したりします。

 

そうすることで、かなりのコストダウンが可能になります。

 

例えば30才男性の方の死亡保障300万円で比較した場合、終身保険ではどんなに安くても1ヶ月あたり5,000円程度はかかりますが、長期定期保険だと1,500円程度で済ませることが可能になります。

 

保険料の総支払額で比較しても、終身保険の60%程度のコストしかかかりません。

 

生命保険の無料相談ショップで保険加入された方の場合、かなりの確率で終身保険を利用されていますが、そういう方が長期定期保険を利用することができれば、保険料の大幅なコストダウンが可能になります。

 

しかし、終身保険と長期定期保険では保障の内容が一致しているわけではないので注意が必要です。

 

大きく違う点は2点あります。

 

一つ目は、保障期間です。

 

終身保険には一生涯の保障がついていますが、長期定期保険の保障期間は90才までになります。90才を過ぎると、長期定期保険の保障はなくなってしまいます。

 

ですので90才以降も死亡保障が必要だという方であれば、長期定期保険の利用価値はありません。しかし人間の平均寿命や、老後の死亡保障を考えた場合、一生涯の保障ってどうしてもないと生きていけないものなのでしょうか?(もちろんキャッシュフロー表を作成して必要な保障期間を確認しますが・・・)

ちなみに私のお客様で、終身保険を活用されておられた方はほぼ100%、長期定期保険に切り替えられています。遠い将来の90才以降の保障より、今現在のコストダウンの方を優先されています。

 

もう一点は、積み立て機能です。

 

多くの終身保険では、保障期間の経過とともにキャッシュバリューが発生してきます。

 

長く続ければ続けるほど、解約した場合の解約返戻金が高くなっていき、加入年数によっては払込保険料を上回ったりします。

 

この機能が長期定期保険には、ありません。

 

ですが、この終身保険の積み立て機能も、基本的には数十年継続しない限りメリットがでてこないことをご説明すると、そのために高い保険料を長い間払う必要があるのだろうか、という疑問を多くの方が持たれます。

 

キャッシュバリューがあるとはいえ多くの場合、払い込み保険料の1.2倍程度になるくらいのメリットです。

 

その程度のメリットであれば、何もわざわざ保険を活用して家計に負担をかける必要性はないのではないでしょうか?

 

長期定期保険であれば、そのような積み立て機能はありませんが、終身保険から切り替えることによって大きなコストダウンを図ることが可能になります。

 

家計の負担を減らすことができます。

 

みなさんの生命保険、終身保険で家計に負担をかけていたりしませんか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ