独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 重い病気でも金銭面では安心!?高額療養費(健康保険)

重い病気でも金銭面では安心!?高額療養費(健康保険)

サラリーマンや公務員の方が加入している健康保険。

 

治療費の3割が自己負担というのが基本ですが、では100万円、200万円といった高額な治療になった場合の自己負担もそうなのかというと、実はそうではありません。

 

重い病気で入院が長引いたりして治療費が高額になる場合は、ある一定の金額を超えたところから超えた分の費用について、後で払い戻される制度があります。

 

これを高額療養費制度といいます。

 

高額療養費制度では、自分が負担しなければならない金額に上限が設けられています。

 

なので冒頭の100万円の治療費の場合に、3割分の30万円を負担しなければならないということはありません。

 

で、自分が負担しなければならない金額についてですが、計算式が決められており、その算式でだした金額が自分が負担すべき金額というわけです。

 

計算式は年齢や、所得に応じていくつかの種類に分けられています。

 

ちなみに70歳未満で、年収500万円程度の方の場合の計算式は、

 

「80,100+(総医療費-267,000)×1%」という計算式になります。

 

これを1か月単位で計算していきます。

 

例えばですが、その月の医療費が300万円だった場合、

 

80,100+(3,000,000-267,000)×1%=107,430円となりますので、その月の自己負担額は107,430円になります。

 

病気にはかかりたくないものですが、金銭面においてはなかなかの保障があることが分かります。

 

また、民間の医療保険への加入を検討する際は、保障の重複を避けるためにもぜひ覚えておきたい制度ではないでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ