独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 進化形の収入保障保険!これなら使えるかも!

進化形の収入保障保険!これなら使えるかも!

ここ最近、生命保険会社からは医療保険の発売ばかりが続いていました。

 

ですが、ある保険会社から既に発売している収入保障保険に、新しい特約が付けられるようになったとの情報がありました。

 

どのようなものかといいますと、高校や大学への進学時期といった、家計の支出が最も多くなる時期に保険金を上乗せすることができるという特約になります。

 

お子さんがいらっしゃれば、何年経てば高校や大学に進学するかは計算が成り立つはずです。

 

例えば10年後に大学進学時期を迎えるという場合、この特約を付けていると10年後から数年間のあいだ、もらえる保険金が上乗せされるという仕組みになります。

 

もらえる保険金が何年間上乗せされるのかについては、契約時に設定するとのことです。

 

この特約の発売、個人的には賛成です。

 

というのも、この特約を活用することで生命保険商品の保障のカタチが、残されたご家族の実際の必要死亡保障額のカタチに、より近づく可能性があるからです。特に、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭に向いていると思います。

 

従来から、世帯主の死亡に関する生命保険商品としては、収入保障保険という商品が代表的なものでした。多くのお客様がこの商品を採用されています。

 

その理由は、子供の成長に伴って減っていく必要保障額を考えれば、昔から発売されている保障のカタチが四角い定期保険ではムダな保障が発生するからです。それが収入保障保険だとそのような不具合がなく、また保険料も安いということで、ほとんどのお客さんで採用されたのです。

 

しかし、四角い定期保険ほどではないものの、収入保障保険の保障のカタチであってもムダな保障が無くなったわけではないので、私個人としては、収入保障保険をお客さんに積極的に勧めることはありませんでした。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭では、保障額は一般的に、大学卒業時期までは緩やかに下がっていき、そのあとで下がるペースが早くなっていきます。

 

このような保障の推移をカタチにしてみると、へんてこな四角形になります。

 

きれいな三角形のカタチをした収入保障保険で必要な保障を全てカバーしようと思うと、三角形のカタチを大きくしないと必要な保障を全てカバーすることは不可能です。

 

しかし、そうやってしまうと保障が始まってからの十数年間や、お子さんが独立した後の時期でどうしてもムダな保障が発生してしまいます。

 

このような理由で、お客さんに収入保障保険を勧めることは、これまであまりありませんでした。

 

しかし、今回の新しい特約によって、収入保障保険を利用することによって生まれるムダな保障が解消されるのでは?と期待しております。

 

これまで、へんてこな四角形の保障をムダなくカバーするために複数の生命保険商品を組み合わせていたので、保障設計の際には結構な手間がかかっていました。

 

複数の商品を組み合わせることということは、ムダな保障や保険料を発生させないためにやっているわけなのですが、お客さんにとっては請求手続き面でデメリットが発生してしまいます。商品が複数あるために保険金の請求手続きがどうしても複雑になるという点です。

 

しかしそのような不具合もこの特約を利用することによって、1つの商品で必要な保障を全てムダ無くカバーすることができるようになるかもしれません。

 

たった一つの特約にしかすぎませんが、ひょっとしたら生命保険商品を提案する側、される側お互いにとってありがたい存在になるかもしれません。

 

あなたはこの特約、どのように思われますか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ