独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 自然災害でのケガに医療保険は対応してくれるのか?

自然災害でのケガに医療保険は対応してくれるのか?

今年も例年以上の自然災害が発生しています。

 

台風が毎年来るのは当たり前で、それに輪をかけて集中豪雨による土砂災害が起きたり、つい最近では山が噴火するという事態まで起こってしまいました。

 

数年前には東北での大地震があったりしましたし、病気のことだけではなく、ケガのことも含めて医療保険の加入の必要性を考えた方がよさそうな気がしています。

 

しかし、そもそも保険は、自然災害が原因でケガをしてしまった時の入院を保障してくれるのでしょうか?

 

今回は、地震または噴火による災害が原因でケガをして入院したというケースについて考えてみたいと思います。

 

その場合に保険で保障してくれるかどうかについては、半分がyesで半分がnoという答えになります。

 

というのも、各保険会社の約款には地震・噴火の場合に「支払う場合がある」と「支払わない場合がある」という両方の記載があるからです。

 

「支払う」「支払わない」のどちらになるのかは、どの保険会社も「保険の計算の基礎に影響を及ぼすほど」のケガ人が出るかどうかで判断が変わるという記載になっています。

 

要するに、たくさんのケガ人がでれば保障してもらえない可能性がある一方、少々のケガ人だったら保障してくれる、というふうにしか解釈するしかないと考えています。もっと乱暴な言い方をすれば、実際に事が起きないと分からないということになります。

 

ですので、半分がyesで半分がnoという書き方になります。

 

しかし、各保険会社の約款をみてみると、最初から免責条項(保険金を支払わない場合を示す欄)に「地震、噴火、津波」と記載しておいて、注釈欄に「支払う場合がある」としている会社と、免責条項に「地震、噴火、津波」の記載をせず、注釈欄に「地震、噴火、津波の場合は支払わない場合がある」としている会社があります。

 

これって「保障しないのが前提だけど、そうじゃない場合がある」というのと「保障をするのが前提だけれども、そうじゃない場合がある」という風に意味合いに分けられると思うのですが、ニュアンスにかなりの違いがあるように思えてなりません。

 

保険会社に悪意はないとは思いますが、少々心配なところではあります。

 

あなたが加入している医療保険はどちらの内容になっていますか?

 

※損害保険会社の傷害保険の場合ですと通常、「地震、噴火、津波」によるケガは通院、入院ともに保障がありませんのでご注意ください。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ