自分に最適な保険は誰にも分からない!?

以前、保険の情報提供サイトに登録していた頃、相談者の方からメールでよくこんな質問をいただきました。

 

 

世帯主〇〇才、会社員、年収〇〇〇万円 家族 妻〇〇才、専業主婦 子供 〇才(大学進学予定)の合計3人
住宅ローン〇〇〇〇万円 他借入れなし
子供が生まれたので生命保険に加入したいが、自分にふさわしい保険を教えて欲しい

 

 

相談者の方には申し訳ないのですが、これだけでは情報が断片的すぎて答えようがないというのが、正直なところです。

 

なので、相談者の方のライフプランをしっかり立ててから、保険の検討をされた方が良いと思います、というご返事をするのが私には精一杯のところでした。

 

ところが、このサイトでは誰でも相談者の方に返事ができるという仕組みになっており、他の方の回答を拝見することもできたのですが、

 

具体的な内容でご返事をされている方が、結構いらっしゃいました。しかもなかには保険商品にまで言及されている方も何人かいらっしゃいました。

 

私は「これだけの情報で、ここまで具体的な内容にして大丈夫なのかな?」と感じたのを今でも覚えています。

 

 

答えを要求されている方の立場を考えると、内容がより具体的であればあるほど、物事の良し悪しの判断がし易くなるのは分かりますが、保障という、これから数十年間も付き合っていくものに対して簡単にボールを返すことなど、到底できようもないというのが私の気持ちです。

 

まして数百万円のコストがかかるわけですから、それを考えれば答えが慎重になってしまうのはなおさらのことではないでしょうか?

 

 

誰にもその方にふさわしい保険など分かりません。適当に設計してよいのであれば、商品の提案はいくらでも可能です。

 

しかしそのぶん保険料がムダに支払われたり、保障が足りていないというケースにかなりの確率で遭遇してしまいます。

 

 

誰にも将来のことは分かりませんが、ライフプランを作り上げればある程度の見通しを持つことは十分に可能です。その方の一度きりの人生のためにもまず、ライフプラン作りは重要だと思います。それをちゃんと作り上げさえすれば、必要な保障が何なのかも明確になってきます。

 

皆さんのライフプランはどうなっていますか?

 

ライフプランに対応した、保険の内容になっていますでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ