独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 終身保険を活用する人ほど実は損をしている!

終身保険を活用する人ほど実は損をしている!

一生涯を保障してくれる終身保険。いつでも、何才になった時でも保障をしてくれるので安心といえば安心です。

 

しかし、一生涯の保障が必要って何のためにあるのでしょうか?

 

もちろん掛け捨てタイプの定期保険だと、一定期間だけの保障になるので保障期間が終われば、保険は終わってしまいます。

 

「だから掛け捨ては損だから終身保険の方がいい」とおっしゃって終身保険に加入されている方が時々いらっしゃいますが、定期保険を利用するケースは、保障が一定期間だけあればよいという考えのもとで利用するわけですから、必要以上に保障期間を長くすることは逆に保険料のムダという問題が発生します。

 

もし、必ず保険金を受け取るためだけの目的で終身保険を活用されていらっしゃる場合、当然ですが定期保険に比べて保険料の負担が大きくなります。つまり、本来手元に残っていたはずのお金が保険料として振り替えられ、家計への負担が大きくなっていきます。

 

例えば300万円の保険金を60歳までの定期タイプにするか、もしくは終身タイプにするかで比較した場合、保険料総額では150万円程度の開きがあります。

 

終身タイプはもちろん一生涯の保障になりますが、定期タイプに比べて150万円の家計への負担増ということになります。

 

「そんなの大した負担じゃないわ」ということであればよいのですが、トクしているかどうかは、また別の話です。

 

先ほどの例でいくと、300万円の終身タイプでは保険料総額が180万円になります。

 

「180万円の総支払額で300万円の保障が買えるってことは、120万円の儲けじゃないか。終身保険だから、必ず120万円儲かるわけだな」と思われるかもしれませんが、それを言うなら先ほどの定期保険だと270万円儲かります(定期保険の総支払額は約30万円)。もちろん、定期保険ですから60才以降の保障は無くなってしまいます。

 

ですが、元手が30万円ですから終身保険を利用するケースと比べて、保険料を150万円も節約できています。つまり、手元に150万円のキャッシュが残っている計算になります。

 

これはもちろん、本人のお金です。いっぽう終身保険を利用するケースでは、保険金として受け取るものですから本人以外の方のお金にはなります。いうまでもなく本人が亡くなった後に支払われるものです。

 

こう考えると、必ず保険金が支払われるからといって、それがトクな話かどうかは別の問題だということがお分かりいただけるのではないでしょうか?

 

あなたが加入する生命保険の中に「終身保険」はありませんか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ