独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 終身保険は、あなたにとって本当に必要な保険ですか?

終身保険は、あなたにとって本当に必要な保険ですか?

ご相談にいらっしゃるお客様の中で、無料の保険相談ショップで保険加入されたという方の多くが、終身保険にご加入されています。

 

もちろん終身保険以外に、収入保障保険のような掛け捨てタイプも組み合わされていることが多いのですが、200〜500万円程度の保険金額で終身保険を活用されていることが非常に多いです。

 

で、終身保険を採用された理由を伺うと、ほとんどの方が、「お葬式代」とおっしゃいます。

 

???

 

なんだかおかしくないですか?

 

というのも、できるだけ保険料を節約したいというのに、若いうちからお葬式代のために保険という手段をつかって積み立てておられるからです。

 

保険料がかかるぶんだけ当然、家計を圧迫していきます。

 

家計に影響がないようであれば、良いのでしょうが、終身保険である以上、総支払保険料はバカにできる金額ではありません。

 

例えば、30才男性の方が60才までの払い込みで、保険金額300万円の終身保険に加入する場合、月払い保険料はどんな安い保険会社でも5,000円はします。

 

となると、総支払保険料は単純計算で、5,000(円)×12(ヶ月)×30(年)で、180万円となります。

 

これって大したことない金額でしょうか?

 

子育て世代の方であれば、終身保険だけに加入するわけにはいかないでしょうから、加入されている生命保険全体で考えれば、もっと高い保険料を支払われておられるはずです。

 

そう考えると、終身保険への家計の負担は大きいのではないか、と思ったりします。

 

また、時々ご指摘いただくご意見で、「300万円の終身保障が、180万円で買えるから加入した」とのお話をいただくこともあるのですが、おトクかどうかと、家計に取り入れるべきかどうかは、別の問題です。

 

終身保険を取り入れても家計に全く問題がないのであれば、検討材料にしても良いと思いますが、終身保険に加入することで今はもちろん、将来の家計に影響がでるようであれば、本末転倒です。

 

そもそも長期間にわたっての保障がどうしても必要な場合、ある程度は定期保険で代用が可能です。もちろん掛け捨てなので、保険料も終身保険の約半額で済ませることが可能です。

 

もし、あなたが終身保険を活用されておられるなら、将来の家計に影響がでないか一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ