独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 終身保険に加入することは保険ビンボーの始まり!

終身保険に加入することは保険ビンボーの始まり!

一生涯を保障してくれる終身保険。

 

 

掛け捨ての定期保険とは違って、いつか必ず保険金を受け取ることできる点は保険加入を検討する者にとって、魅力的なところであるといえます。

 

 

しかし、生命保険のコストをできるだけ削りたいのであれば、終身保険の活用はできるだけ避けるべきだと考えています。

 

 

その理由として一つには、保険料が掛け捨てタイプと比べて高いという点です。必ず保険金を受け取ることができるわけですから、保険料はどうしても高くなります。このことは生命保険にそれほど詳しくない方でもご存知の方は多いのではないでしょうか。

 

 

そして私が終身保険をできるだけ活用すべきでないと考えるのにはもう一つ、別の理由があります。

 

 

終身保険を活用すると必要死亡保障額は大きくなる

 

 

生命保険を設計する際、通常は必要死亡保障額というものを算出します。

 

 

これは、人それぞれ必要な保障額は違ってくるので、ムダな掛け金を払わずに済むよう、生命保険でいくら手当てすべきかを具体的に表したものになります。

 

 

そして、この必要死亡保障額を算出する際に大切な要素になるのが、預貯金の金額です。

 

 

どういうことかをご説明しますと、例えば必要死亡保障額が1,000万円だった場合に、預貯金が1,000万円あればたとえ万が一が起こっても、その預貯金で足りない保障をまかなうことができるわけですから、わざわざ生命保険に加入する必要がないことが分かります。

 

 

しかし、預貯金がゼロの場合だと逆に1,000万円の保障がないと、万が一の際にお金が足りなくなってしまうことになります。

 

 

このようにいくらの保障が必要なのかというのは、預貯金の金額が多いか少ないかで大きく変わってきます。

 

 

冒頭でご説明しましたが、終身保険の掛け金は掛け捨てタイプのものと比べて高いです。

 

 

ということは、終身保険を活用すればするほど、それだけ預貯金の金額は年を追うごとに減っていくことになるので必要な死亡保障額は逆に増えていってします。

 

 

つまり掛け捨てタイプで保障設計するのと、終身保険で保障設計するのとでは、預貯金の動きに違いがでてくるので同じご家庭で計算する場合でも必要死亡保障額が変わってくることになります。

 

 

一生涯の保障というところだけを見れば魅力的に映るかもしれませんが、家計への負担を少しでも抑えたいと考えるのであれば、掛け捨てタイプを活用された方が良いのではないでしょうか?

 

 

その方が備えるべき保障額も、終身保険と比べておさえることができます。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ