知らないと損をする公的年金制度

できるだけ生命保険への費用を節約したいという場合に、しっかり確認しなければならないのが国の公的年金制度です。

 

年金というと、老後のイメージしかないかもしれませんが、万が一の場合の保障の機能も備わっているのです。

 

これをどの程度見極めるかで、保険への費用が決まってきます。

 

まったく加味しなければ、必要死亡保障額を全て保険でまかなうような提案になり、保険料が高くなってしまいます。また、公的年金制度への理解が中途半端な場合、それを加味した必要死亡保障額も当然、正確性を欠いた金額にしかならず、保険料を節約する以前に果たしてこの保険で本当に大丈夫?という問題がでてきたりします。

 

とはいっても公的年金制度の知識は、保険を提案する側の問題であるわけですから、お客さんからすれば、相談する相手が信頼できる人であるかどうかを判断するしかやりようがないというのが現状だと思います。

 

公的年金制度というと複雑なんじゃないの?とイメージされるのが一般的な見方ではないかと思いますが、実際そのとおりでかなり複雑につくられています。

 

なので、制度の内容について、ひとつひとつ触れることはできませんが、一つぜひ知っておいていただきたいことは、かなりの金額の保障があるということです。

 

例えば、

小さいお子さんが2人いるサラリーマンや公務員家庭の場合

 

お子さんが18才になるまで毎年、約125万円が国から支給されます。

 

単純計算ですが、125(万円)×18(年間)=2,250万となります。

 

またお子さんが18才を迎えた以降も支給額は減りますが、老後を迎えるまでずっと保障は続きます。

 

これをみると、そこそこの保障が既に備わっていることが分かります。

 

ただしこれはあくまでも大体の金額にすぎず、実際の支給額はご家庭ごとに違ってきます。ある程度の目安としてお考えいただければよいかと思います。

 

自分たちの場合はどのくらいの保障があるのかな?と思われた方は最寄りの社会保険事務所でご確認していただくことが可能です。

 

公的年金制度をしっかりおさえることできれば、生命保険への備えが必要かどうかや、どのくらい準備すべきかが明確になってきます。

それにより保険のムダやモレを防ぐことが可能になります。

 

 

ちなみに私の場合であれば、ご家庭ごとに万が一の場合の公的年金額を算出することが可能です。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ