独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 生命保険商品、値段だけで選ぶと損をする!?

生命保険商品、値段だけで選ぶと損をする!?

生命保険は長期間にわたる保障商品です。

 

1ヶ月あたりの保険料がわずかだとしても長い視点でみれば、かなりの支出になります。

 

ですので、少しでも安い商品がいい、というのは当然の思いです。

 

しかし、あまりにメリットばかりを追求しすぎると後で痛いしっぺ返しを食うこともあります。

 

どういうことかというと、良い商品を選んでも、それはあくまで保険会社が存在してこその話だということです。

 

保険は、保険会社とお客様との契約です。

 

お客様に万が一のことがあれば、保険会社が契約により保障対応をおこないます。

 

しかし、逆の場合だと契約はどうなってしまうのでしょうか。

 

破たんした保険会社の契約については「その契約、ウチで引き受けますよ」という保険会社が出てこないかぎり、全ての契約を生命保険契約者保護機構という組織が管理することになっています。

 

生命保険契約者保護機構に契約が管理された段階でお客様から保険金請求があると、保険金の支払いは、破たんした保険会社の責任準備金の90%の範囲内での保険金支払い対応となります。

 

責任準備金とは、お客様から預かった保険料のことではなく、またお客様が契約した保険金のことでもありません。お客様に将来保険金を支払うために、破たんした保険会社がそれまで積み立てていたお金のことをいいます。

 

その積み立てていたお金の90%の範囲内で保険金の給付がおこなわれるということなので、責任準備金をたくさん積み立てていた保険会社なら、もしかしたらそれなりの給付になるかもしれませんが、わずかしか積み立てていなかったら、もらえるものは当然、スズメの涙ほどというワケです。

 

いずれにしましても、いくらもらえるかが分かりません。

 

この状況になってしまえば通常、他の保険会社に乗り換えるという選択肢が最も妥当なところではないでしょうか?

 

もし、保障性のある商品に加入していたら、加入年齢の上昇が考えられるので保険料が上がってしまうという事態になりかねません。

 

また、貯蓄性のある商品であればもっとひどい話で、保険料の上昇に加えて、それまで積み立てていたお金がほとんどかえってこない、ということにもなりかねません。

 

なので、あまりに条件がいいからといってそれに飛びついてしまうと、後で損をするということにもなりかねないので注意が必要です。

 

※責任準備金の情報については各保険会社の決算資料に記載がありますので、ご参考にしてみて下さい。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ