生命保険会社の責任準備金って?

生命保険会社が万が一破綻した場合、加入されていた方の契約は「生命保険契約者保護機構」という第三者機関の管理下に移ります。

 

この場合の保障がどうなるかが重要なのですが、破綻した保険会社がそれまで積み立てていたお金の90%までが保障されます。

これを「責任準備金」といいます。これは保険料を指すものではないですし、保険金のことでもありません。

 

・・・でこの万が一の際の「責任準備金」を各保険会社がどの程度積立てているのかなのですが、保険会社により結構差があるようです。

 

「どの程度積立てているのか」という視点でみたりすると、保険会社の顧客への姿勢が分かってきたりしておもしろいのではないかと思います。

 

例えば、毎年契約者から受取る「保険料」から「責任準備金」にどのくらい振り分けられているか、というのを調べてみると、50%程度(保険料の半分)を積み立てている保険会社は実は3社程度しかありません(ちなみに国内で事業している生命保険会社は40社程度あるのですが)。

 

保険料の高い安いだけではなく、こういう視点でみてみるのも良いのではないでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ