独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 生命保険を見直せば、自動車保険も安くなる!

生命保険を見直せば、自動車保険も安くなる!

生命保険の見直しをすると、生命保険以外の他の保険の見直しにも役立てることができます。

 

生命保険の見直しをすることで保険料を節約し、なおかつついでに他の保険の節約もできるというワケです。

 

どの保険に役立つかというと、自動車保険です。

 

自動車保険の補償は大きく3つに分かれており、「相手への賠償」「自分のケガの補償」「自分の車の補償」というふうに分類することができます。

 

この中で「相手への賠償」と「自分の車の補償」については、自動車保険特有の補償項目になりますので如何ともしがたいですが、「自分のケガの補償」については他の保険で手当てが可能になります。

 

この時点でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、「自分のケガの補償」は医療保険で手当てすることができます。

 

医療保険は基本的に入院が前提条件になりますが、通院程度のケガの保障を求めないという方であれば、「自分のケガの補償」を自動車保険の補償項目に加える必要性があるかどうかについて、着目してみて下さい。

 

この部分の補償を自動車保険の適用外にすることで、年間5,000〜8,000円程度の節約が可能になります。

 

逆に医療保険の必要性より、自動車事故への備えの方が重要だというお考えであれば、自動車保険でしっかり補償をつけていただいて、医療保険の方を見直せば、節約のチャンスを生みだすことができます。

 

ただ一点ご注意いただきたいことは、自動車保険の「自分のケガの補償」は同乗者にも適用される点です。医療保険は、ご自身だけにしか適用されませんが、自動車保険は乗っている方全員が補償の対象となります。この部分の違いがありますので、ご注意いただければと思います。

 

ただ、家族全員が医療保険など、何かしらの補償を受けることができるというご家庭であれば、自動車保険で補償を重複させる必要性は低いのではないかと思います。

 

また年に何回かの家族旅行など、ある期間だけ念のためにケガの補償も加えたいという方であれば、「ケガの補償」の中途付帯という選択肢もあります。通常、電話一本で補償内容の変更は可能なので、出かける前日に連絡しておけば補償内容を変更することができます。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ