独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 生命保険を切り替える際に注意してほしいこと!

生命保険を切り替える際に注意してほしいこと!

生命保険を見直す際、今加入中のものより良い商品があった時にご注意いただきたいことがあります。

 

それは何かというと、いま加入中の保険を先に解約しないことです。

 

いくら良い商品を見つけたといっても、保険契約が有効にならない限り保障を得ることはできません。

 

どのみちすぐに解約するのだからといって、新たな生命保険の申し込み手続きを済ませずに、いまの保険を解約してしまうと保障の空白期間ができてしまいます。

 

わずかな確率だとは思いますが、保障の空白期間に万が一が起こってしまっては、何のための見直しだったのか、悔やんでも悔やみきれません。

 

なので生命保険を切り替える際は保障の空白期間ができないよう、まず加入したい保険の契約手続きを済ませて保障が有効になってからこれまで加入していた保険を解約するという順番でおこなうべきだと考えています。

 

ちなみに生命保険の契約が有効になるのは「申込み手続き日」「健康状態の告知日」「初回保険料の支払い日」の3つのうち、最も日付の遅い日から有効となるのが基本的なかたちとなっています。

 

ですが最近は、保険料を口座振替やクレカ払いにするケースがほとんどだと思われます。

 

その場合は、各生命保険会社の規定により保障を開始する日がそれぞれ定められていますが、一般的には保険証券が届いた段階において保障が開始されているとお考えいただいてさしつかえないのではないかと考えます。

 

生命保険では商品の切り替えの際、注意が必要です。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ