生命保険は誰のために加入する?

先日、25歳の男性からこういう相談をもちかけられました。

 

母から「あんたももういい年なんだから、そろそろ生命保険に入っときなさいよ!」って言われたんですが、どんなのに加入すればいいんでしょうか?

 

という内容でした。

 

結婚のご予定を伺ってみると、いまのところ予定はないというご返事だったので、ご両親に仕送りをしているとか、誰か身内に金銭的な援助をしているのかと伺ってみると、それもないというご返事でした。

 

次に病気について、心配ごとがあるのかどうか伺ってみると、全く考えたことがないというご返事でした。ガンやその他の病気に対する患者の現状や、治療費に関するご説明もしてみましたが、ご本人の反応は「ふーん」といった感じの、それほど関心がなさそうな態度でした。

 

なのでご本人には「加入の必要性は特にないと思うのですが、いかがですか」と伝えると

 

「もし死んだ時に親にいくらか残しておいた方がいいと思うのですが・・・」という反応が返ってきたので、

 

「あなたに万が一があった場合に、ご両親は金銭的に困ったりすることがあるのでしょうか?」とお伝えすると、

 

「ウーーーン」といったまま反応がありませんでした。

 

 

生命保険とは、金銭的なリスクを保障するというのが基本的な考え方です。

 

なので、万が一が起こった際に、誰も金銭的に困らないのであれば、そもそも加入する必要性などどこにもありません。

 

もし、保険会社に余分に支払うお金があるのなら、ご自分のお好きな物や、将来のキャリアアップのための投資などの方が、よっぽど有益ではないでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ