生命保険の配当とは?

生命保険の商品名が書いてあるあたりに「無配当」とか「有配当」とかって文字を見たことはありませんか?

 

これが何を意味するのかというと、その商品に加入して「配当金」があるのかないのかを表しています。

 

「無配当」は文字どうり、配当金がない商品ということになるのですが、だからといって「有配当」の方が必ず、配当金があるというワケではなく、正確にいうと配当金があるかもしれないというのが「有配当」を意味するものになります。

 

皆さんが保険に加入することで支払う保険料は、「亡くなる方の確率」「受け取った保険料をどのくらいの利回りで運用できるか」「どの程度の経費で保険事業を構成できるか」の3つの観点から決定されています。なので保険料を決める根拠は、あくまでも予測の範囲でしかありません。

 

これら3つをあらかじめ決めておいたうえで保険料が決定されるということは、実際には想定どうりにいくケースといかないケースがでてきます。

 

で、実際には想定どうりにいかなかった場合で保険会社がトクしたケース、つまり想定したほど死亡者がいなかったケースや、運用したお金で予想以上に収益が上がったケース、または事業運営費を予想以上に低く抑えることができたケースなどが生じた場合は、結果として保険料をたくさんもらいすぎていたということになります。つまり、お金が余っているという事態になります。

 

そこで「有配当」の商品であれば、この余ったお金を契約者に還元するというワケです。

 

ただし、ご説明したように予測と実際にズレが生じてこないと「有配当」といえど常にお金が還元されるわけではないので注意が必要です。

 

また、だからといって「無配当」の商品にメリットがないのかというとそういう訳ではありません。「無配当」の商品は配当がないぶん、「有配当」の商品と比べて相対的に保険料の低い商品が多いです。

 

最近の傾向としては、「無配当」の商品が多いように感じます。

 

あなたが加入されている生命保険はどちらのタイプですか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ