生命保険の無料相談サイトの裏側!

生命保険の見直しを考えてネットで検索すると、必ずといっていいほど保険の無料相談サイトがでてきます。

 

キチンと数えたことはありませんが、サイトの数は少なくとも10以上あるのではないでしょうか?

 

それらのトップページには、「保険のプロに相談してこんなに保険料が安くなった!」といった事例がいくつか掲載されていて、その次に「だからあなたもファイナンシャルプランナーに相談してみませんか?相談は無料です!」といった商品構成になっています。

 

しかしこれらのサイト、無料相談を勧誘してどのように収益を発生させているのでしょうか?

 

いくつかのサイトによっては、無料相談が可能な理由ワケをQ&Aページで掲載していますが、その内容は「他社の広告を掲載していて、その広告収入があるから無料相談が可能になるのです。」といったものでした。

 

しかし、これは全くのウソです。

 

生命保険の無料相談サイトの主な収入源は、情報提供料です。

 

どういうことかというと、サイトに無料相談を申し込んできたお客さんが発生すると、その住所に近い担当者に連絡をとって、相談対応が可能かどうかを確認します。

 

そして対応が可能であれば、その担当者に対して情報提供料の名目でお金を課金しているのです。

 

担当者からすれば、お客さんの紹介があるたび、相談サイトに対してお金を払わねばいけないのですが、相談を申し込んだお客さんから保険の契約を勝ち取って、その契約手数料が紹介料を上回ることができれば収益が成り立つワケです。

 

お客さんの紹介料はあくまでも情報提供料なので、担当者が保険の契約をとるかどうかに関わらず料金が発生してきます。

 

その情報提供料の金額ですが、相談サイトによって違うと思いますが、お客さん1人につき大体5万円前後だと聞いています。

 

お客さんの紹介を受けた担当者は、生命保険の契約をしてもらわないことには5万円を回収することはできませんから、生命保険を見直す必要のないお客さんや、生命保険が不要なお客さんであったとしても、必ず見直しや加入の必要性を訴えてきます。

 

また、相談サイトのページには「相談だけでも大丈夫です」とお客さんに安心感を与えるようなメッセージがでていますが、お客さんの相談に応じる担当者は保険販売のプロなわけです。保険に素人であるお客さんがふつう、保険販売のプロに勝てるわけがありません。

 

彼らは、保険販売に通じるセールストークをいくつも持ち合わせています。また、お客さんを訪問するためにお金まで払って来ているのです。

 

なので、生命保険の無料相談サイトをご利用する際は、くれぐれもご注意ください。

 

タダほど高い買い物はありません!

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ