生命保険の予算は、どう考える?

生命保険には、死亡保障、ガンなど三大疾病に対する保障、病気、ケガへの保障と、基本的に3つの保障に対する商品がラインアップされています。

 

ですので、保険の販売者から素直に提案を聞き入れる方の場合、「死亡」「ガンまたは三大疾病」「病気、ケガ」の3つに対応する商品に加入されるケースが多いようです。

 

しかし、だからといってそれで全てのリスクが排除されるわけではありません。商品が3つしかないので、頼れるのがそれしかないだけなのです。

 

だったら、最低限3つの保障に加入すべき、と思われるかもしれませんが、必ずしもそうだとは思いません。

 

なぜなら、保険には当然、コストがつきまとうからです。

 

保険に加入することで、将来の家計への負担が大きいのであれば、3つ全てに加入する必要はないと思います。

 

保険へのコストを、生活費や教育費、老後の積立てに活かしたいというのであれば、その考えはまっとうだと思いますし、逆に、そこまで家計のことを考えずに、とりあえず今は払えそうだから保険に加入する、ということのほうが問題ではないかと考えます。

 

子育て世代であれば、子供の成長に伴って毎年の収支は変わってきますし、ご自分たちの老後の年金対策は待ったなしの状態です。

 

いまの保険料はどうしても必要なのか。それによって、将来の家計が苦しくなっても仕方がないのか、という視点からでも保障の必要性について考えていただくことは大切なことではないでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ