生命保険の予算はいくらくらいが妥当?

生命保険にかけるべき予算とはそもそもどのくらいが妥当なのでしょうか?

 

これをしっかり踏まえないと、マイホームの予算やそれに関わる住宅ローン、子供の教育費、老後の年金生活に影響してきますので注意が必要です。

 

なぜならこれらは家計という、一つの財布ですべて賄われているからです。

 

月々の掛け金はそれほど大きくなくても、トータルでみれば数百万円の支出になりますから、生命保険に加入する際は運命の分かれ道くらいに考えられても過言ではないと思っています。加入する保険にムダがあればそのぶん当然、住宅ローンや教育費、老後の年金生活にしわ寄せがいきます。

 

なので、ちゃんと考える必要があります。

 

とはいえ、いくらくらいの掛け金が妥当かといえば一概にいくらとはなかなか言えないのも現実です。

 

というのも世帯年収や家族構成によって必要な保障額は違いますし、保障性に加えて貯蓄機能も保険に頼りたいというご希望があったりなかったりで、世帯により考え方が違うからです。

 

当然ですが、保障性に加えて教育資金などの貯蓄機能も保険で利用したいというケースの方が、保険のコストは高くつきます。しっかりご検討されないと、保険料が簡単に2倍、3倍と跳ね上がっていきます。

 

なので、保障に使うお金と貯蓄に回すお金をキチンと分けていただいたうえで、貯蓄に回すお金はどんな方法で利用するのが良いのかを考えていただくことが大切だと思います。

 

 

ちなみに生命保険文化センターでのアンケート調査(平成24年度)によると、年間払込保険料の世帯平均は415,000円になります。

月額にして約35,000円です。

 

この数字、あなたにとって高い金額ですか?それとも安い金額ですか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ