独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 生命保険に加入する際はどんなことを検討すべき?

生命保険に加入する際はどんなことを検討すべき?

お客様から生命保険のご相談をいただく際に、必ずおこなっていることがあります。

 

それは「ライフプラン」といって、お客様の今後の人生設計を金額ベースで作り上げる作業です。

 

生命保険にかけられる予算はそもそもどのくらいなの?といったご質問を時々いただくことがありますが、何%くらいだったら大丈夫ですよ、という明確なご返事ができないのが正直な気持ちです。

 

というのもご家族によって、生活費や子供の教育費、マイホームにかける予算が大きく違ってくるからです。たとえ同じご家族構成であったとしても、多くの場合、違ってきたりします。

 

なので、お客様ごとにライフプランを作り上げていくことにしています。

 

多くのご家庭では、生命保険だけに限らず、住宅ローンや子供の教育費、老後の年金で大きな問題を抱えておられながらも、それらに何となく不安を感じながら日々を過ごしていらっしゃるケースが非常に多いようです。

 

なのでそれらの問題に対して明確な数値をお示しし、一つ一つ解決の方向性を一緒に考えながら、プランの作成にあたることが非常に重要なことだと考えています。

 

ライフプランは、作りこめば作りこむほど家計の内容はもちろんですが、そのご家族を取り巻いている環境が何となくみえてきたりします。

 

こうしてライフプランを作り上げていくと、生命保険にかけるべき予算がどのくらいなのかが、次第に分かってきます。

 

こう考えると、生命保険のご相談に対応するには、保険の知識はもちろんのこと、住宅ローンや教育費、老後の年金に関する情報を頭に入れておかないとしっかりした対応ができないのではないか、つまり、保険のことだけ知っていても、お客様に必要な保障や商品の提案など分かるわけがないのではないか、と感じたりします。

 

私の場合、保険への費用は他のすべての支出より優先順位が低いというスタンスで相談対応しています。なので生活費、教育費、マイホーム、老後の年金生活を全て踏まえてもらったうえで、生命保険の予算組みをおこなっていきます。

 

そうしているせいで、保険にかける予算は必然的に低くなっていきます。生命保険文化センターの統計によると、生命保険会社に支払っている保険料の平均月額は、約38,000円だそうですが、私のお客さんの場合、多くは月額10,000円前後くらいで収まるケースが多いように思います。

 

「お客様の人生をお客様らしく謳歌していただきたい」

 

そう思っていただける「保険診断サービス」をこれからも心がけていきたいと考えております。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ