独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 生命保険に加入するより重要なお金の使い道!

生命保険に加入するより重要なお金の使い道!

生命保険加入を検討する際に是非、知っておいていただきたいことがあります。

 

それは、老後生活に対する資金対策のことです。

 

保険は万が一の話ですが、老後の生活は万が一ではなく、必ずやってくる話です。

 

保険を考えることも大切ですが、それ以上に老後生活を無事に迎えることができるよう、何らかの準備をいまのうちに始めていただく必要があると思っています。

 

ご承知のとうり、少子高齢化が原因で老後にもらえる年金が一体いくらになるのかが不透明な状況です。

 

なので、このまま何もしないで老後を迎えるというのは少し怖い気がします。少なくともご自分の退職金のことや、老後に受け取ることのできる年金額くらいはいまのうちにおさえておいてほしいと思っています。

 

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭だとしても、老後への準備はやっておく必要があると思っています。というのも、仮に年齢35才の方を想定した場合、老後までは30年しかありません。

 

多くの方は、投資や運用のプロではないはずです。いま手元にある100万円を1年後に1割増し、5年後に5割増しにするなんてとても無理な話です。

 

だからこそじっくりと時間をかけて、積み立てていく必要性があると考えています。それを考えれば30年というのは、決して期間として長いものではないはずです。

 

もし仮に、老後への不安をお持ちのご家庭で、毎月20,000円の保険料がかかる生命保険に加入していて、老後への貯蓄は何もしていないということだったとしたら、それって何か変じゃないでしょうか?

 

起こるかどうかわからない(万が一の)方にお金をかけておきながら、必ず直面する問題に対しては何の準備もしないというのは、お金を費やす優先順位が違うのではないでしょうか。

 

もちろん保険がどうしても必要であればやめる必要はありませんし、また老後への貯蓄のために家計の中で新たな財源を見つけるというのも、今の世の中なかなか簡単な話ではありません。

 

ですので加入中の生命保険や住宅ローンなど、ムダな部分はないのか、節約できるところはないのかをあらためてお考えいただければと思っています。もし節約することができるのであれば、その浮いたお金を老後までコツコツ積み立てていただくことができるはずです。

 

もし老後の生活に対する不安が少しでもあるのであれば、まずはご自分たちの年金額についてお考えいただくところから始められてはいかがでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ