生命保険に加入しないのも一つの選択肢!

生命保険に加入する必要性とは、どういった場合に発生するのでしょうか?

 

保険というのは、いうまでもなく保障であり、すなわちそれは「お金」です。

 

万が一にこれがないと私の家は破綻してしまう、という場合にはじめて保険の必要性がでてきます。

 

なので逆に考えれば、万が一でも破たんすることがなければ、保険に加入する必要性はありません。

 

しかし多くの方は、そういう家庭ってほとんどいないのでは?と考えておられるのではないでしょうか?

 

そこで今回は保険が必要ない、もしくは必要だけれどもわずかな保障さえあれば大丈夫というご家庭について、簡単にご紹介させていただきます。

 

ご相談をいただく中でよくあるのが、夫婦共働きで、奥さんの収入もそこそこあるご家庭です。

 

お子さんの人数や、将来の進学プランにもよりますが、共働きのご家庭で奥さんも正社員というご家庭の場合、万が一の場合でも社会保険と奥さんの収入で家計が成り立つケースがあります。こういうご家庭ですと、わずかな保障額さえあれば、万が一の場合でも家計が破たんすることはないので、支払う保険料をわずかな金額で済ませることが可能になります。またこのケース加えて、手持ち資金がそこそこあるうえに、毎年、預貯金が積み上っているというご家庭では生命保険がいらない、ということもよくあります。

 

ですが、このようなご家庭って珍しいケースでしょうか?

 

夫婦共働きというのは、今ではごくごく普通にあるケースだと思います。

 

そう考えると、生命保険で保険料を減らすことのできる方ってまだまだたくさんいらっしゃるのでは?と思ってしまいます。

 

あなたが加入している生命保険は、大丈夫ですか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ