生命保険にそれほどお金は必要ありません!

「生命保険は検討したいけど、お金がないんです」

 

このようなことをおっしゃるお客さんが時々みえます。

 

そんな時に、「どのくらいの費用なら出せますか?」と伺うと、月々1万円くらいというご返事の方が比較的多いように思います。

 

実際、1万円を毎月捻出していって家計に問題がないかをキャッシュフロー表を作成して確認しますが、月に1万円も生命保険にかけるお金があれば、基本的に十分ではないかと考えています。

 

生命保険文化センターが公表しているデータによると、生命保険にかかる年間平均費用は415,000円となっています。

 

これと比較すると月1万円は確かに少ない金額ですが、だからといって生命保険に加入できないかというと決してそうではありません。

 

年間平均費用の415,000円にはおそらく、教育資金や老後資金のための、積み立て目的に加入した保険がいくつか組み込まれているはずです。

 

また遺族補償などの社会保障に精通していない方を通じて加入した生命保険についても、どこまで正確性があるかを考えると、疑問の余地が残ります。

 

家計に余裕がないご家庭の、生命保険への費用がここまで膨らむことは基本的にはあり得ません。

 

生命保険の本来の機能である「保障」だけを目的に加入するのであれば、月1万円の予算は決して低いとは思いません。加入の仕方によっては、むしろ十分すぎるともいえる金額ではないでしょうか。

 

例えば30才男性の方で、月額10万円の収入保障保険を利用する場合、月額3,000円程度で加入できます。

 

生命保険に加入することは、幸せになるために「生き続ける」うえでの手段だと思っています。そうであるならば、大きな保障や、積み立てのための保険がなくとも、家計にとって負担のない範囲でご利用いただく生命保険こそが、本当に必要なものではないでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ