生きててもらえる!養老保険

生命保険の中に、万が一がなくても保険金を受け取ることのできる保険があります。

 

それは養老保険と呼ばれるものです。

 

もちろん保険ですから、保障はあります。なので万が一の際は、保険金を受け取ることが可能です。

 

しかし養老保険は、生きてても保険金を受け取ることができます。

 

つまり、万が一でも生きてても、どちらにしても保険金を受け取ることができるわけです。

 

「生きててもらえるって、いつもらえるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この保険に加入する際に、保険期間の設定をおこないます。そしてその期間のあいだに何事もなく済んだ際に、「満期保険金」といって保険金を受け取るわけです。

 

逆に保険期間のあいだに万が一が起こったときは、満期保険金と同額の死亡保険金を受け取ることができます。その場合は、死亡保険金の受取りと同時に、契約は消滅してしまいます。

 

ここだけ考えると「なんて素晴らしい!」と思ってしまいがちですが、しかしこの養老保険、ハッキリ言って保険料がかなり高額になります。

 

 

30才男性の方が仮に、保険金額1,000万円、保険期間30年で加入する場合、1ヶ月あたりの保険料は、だいたい26,000円くらいします。

 

30年後の満期に1,000万円を受け取ることができるわけですが、その満期までに、26,000(円)×12(ヶ月)×30(年)=936万円を払わなければなりません。

 

936万円を支払うと、満期に1,000万円を受け取れるわけですから、数字上では金額は増えます。しかしそれは30年も先の話になります。

 

また、毎月の保険料も安くはありません。

 

なので、満期保険金に目がいきすぎて、毎月の家計にしわ寄せがいくことがないようにご注意いただく必要があると思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ