独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 無料相談で「保険の見直し」は保険料のムダ?

無料相談で「保険の見直し」は保険料のムダ?

あちこちのショッピングセンターで見かける生命保険の「無料相談ショップ」。

 

保険の見直しを謳い文句に近年、急成長の一途をたどっているようです。

 

一社専属の生保レディとは違い、選べる保険会社は数十社もあって、なおかつ相談料は無料。

保険を検討しようとする人にとっては何とも魅力的な存在に感じます。

店舗によるそうですが、実際に予約待ちのお店もあるらしいです。

 

私もこの仕事をしていなかったら、もしかしたら相談に行っていたかもしれません。

 

相談ショップに出入りしている保険会社の担当者に聞いたことがあるのですが、相談内容は初心者にも分かるように保険の仕組みについて詳しく説明がされるそうです。そのうえで加入中の契約について保障内容を確認し、見直す余地がないかどうかをチェックするそうです。

 

何度相談しても無料で、しかも見直す際の商品は複数社で比較検討できるなんて、加入する側からすればスゴクありがたいですよね!

 

 

けれども保険相談ショップに行くことが果たして本当におトクなのかどうかについては、考えていただきたいところがあるのでそのことについて2点だけ触れておきたいと思います。

 

まず1つ目は、必ず商品の売り込みをされるということです。

保険相談ショップの収益は「保険の契約」によって初めて発生します。

無料相談そのものは大変ありがたいことですが、保険の契約をしない限り収益が発生しないということは、どんな方にも「あなたには保険が必要です」という話になります。そうしないと収益につながらないからです。

 

保障が必要という方であればともかく、保障がいらない方でも何かしらの不安をあおって保険商品の提案がなされます。これが良いか、悪いかはここでは抜きにして、収益の発生源が「保険の契約」である以上、「あなたに保険は必要ありません」や「いま加入中の契約を続けた方がベストです」とアドバイスすることが非常に難しいビジネスモデルなのです。

 

さらにいうと、保険料を劇的に下げる方法を知っていたとしても、それをお客さんに伝えることも極めて難しいのでは?と考えざるを得ません。なぜなら、そのようなことをお客さんに伝えても、収益につながらないからです。相談ショップの儲けが減るだけです。

大雑把ですが、保険の契約で得られる手数料は、お客さんが払う保険料が多いか少ないかに比例してきます。

 

ですので、本当はもっと安くできるのに収益につながらないから言わないでおこう、ということが普通に考えられます。(もちろん伝えられていないお客さんは何も知らない訳ですから、問題になることもないのかもしれませんが・・・)

 

なので、ある程度保険のことが分かっている方であれば、無料相談で良い事だけ取り入れて、必要なさそうなものは断るということができるかもしれませんが、詳しくないという方であればある程度注意しておかれた方がいいのでは、と思います。

 

 

2つ目は、お客さんの相談の解決策が全て「保険」だという点です。

 

これを聞いて「エッ?保険の相談に行ってるんだからそれでいいんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、保障をご検討される方であれば、保障は保険にしかない機能ですからいいのですが、保険には保障以外に貯蓄性を兼ね備えた商品がラインナップされています。

 

代表的なものとしては「終身保険」「学資保険」「年金保険」などがあります。

 

これらの商品をを教育資金や老後資金に活用してはどうか?という提案がよくなされているようです。

 

これらの商品は貯蓄性があるぶん、掛け捨ての商品に比べて当然、保険料は割高になります。それでもお客さんにとってメリットがあるのであればいいのですが、貯蓄機能がありながらなおかつ、保険であるわけですから保障のコストもかかっている商品が果たしてお客さんにとってメリットが大きいといえるのでしょうか?

 

結論からにいえば「保障」というコストがかかっているぶん、貯蓄機能は他の金融商品と比べて劣ってしまいます。保障という機能がある以上、貯蓄性が劣ってしまうのは当然の話です。(銀行の定期預金と比べてお得ですよねと言って勧められるようですが、それであればどの金融商品を選んでもおトクですという話になります。)

 

にもかかわらず、相談ショップでは契約しない限り収益が発生しないので、教育資金や老後資金に保険を活用しませんか?というセールスをしてきます。

 

全ての貯蓄性のある保険商品が悪いとは思いませんが、保険である以上、保障機能が備わっているわけですから貯蓄性に関してのパフォーマンスはほとんどの商品でよくないというのが現状です。

 

 

保障という、保険にしかない機能を活用するのならともかく、それ以外の機能まで保険に頼ってしまうと大切なお金をムダ使いしてしまうことになりかねません。

 

無料相談は確かにありがたいですが、それ故に気づかないうちに保険に回すお金が膨らんでしまうことのないように、注意することが大切だと思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ