独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 治療費だけじゃない、所得の保障もしてくれる(健康保険)!

治療費だけじゃない、所得の保障もしてくれる(健康保険)!

サラリーマンや公務員の方が加入している健康保険。

 

病気やケガの治療に関する保障に目がいきがちですが、それ以外の部分でも保障があります。

 

それは何かというと、休業に関する保障で「傷病手当金」といいます。

 

どんな時にもらえるかというと、病気やケガで会社を休んだ場合、休みが3日連続続いて4日目からが支給の対象になります。会社から休業に関する手当てがある場合は、その金額によって支給があったり無かったりしますが、ない場合は支給対象になります。

 

どのくらいの期間もらえるかというと、支給開始から1年6か月間が支給対象になります。

 

またどのくらいの金額がもらえるかというと、1日あたり標準報酬日額の3分の2が支給されます。

(標準報酬日額とは標準報酬月額÷30(日)で算出します。また、標準報酬月額はその年度の4、5、6月の平均給与が該当する、健康保険の標準報酬月額等級区分の金額をいいます)

 

少しわかりにくいかもしれませんが、おおまかにいうと1ヵ月休んだ場合は給与の7割弱が保障されるとお考えいただければ良いかと思います。

 

このように健康保険には、治療費は治療費で保障がありながら、休業に関する保障もついています。

 

ムダな保険料を払わないためにも、民間の医療保険を検討される際には、健康保険のこういった機能が活用できることを是非頭に入れておいていただければ、と思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ