死亡保障額の内訳を把握できていますか?

「あなたがご加入中の生命保険は、何のためのもので、いつまで必要なお金ですか?」

 

この問いかけに簡単に答えることができれば、その方はおそらくムダのない生命保険にご加入されておられるはずです。

 

しかし逆に、何のためのもので、いつまで必要なのかが明確になっていないようであれば、かなりの確率で保障のムダやモレがあるのではないかと考えています。

 

何のための保障かといっても、残された家族の生活費や子供の教育費などといったように、それほど難しい話ではないはずです。生命保険へのご加入時に、将来に必要な支出がどのようなものであるかを考えておけば、その保険が何のための保障であるのか、何のためにわざわざ生命保険に加入したのかがご理解いただけるはずです。

 

いつまで必要な保障なのかについても、老後の年金生活までを見通して足りない保障をカバーしてるのか、もしくは一生涯を通じてお金に困らない保障になっているのか、または子供が独立するまでのあいだであえて保障を限定させているものなのかは、通常、保険加入を検討する際に考えるべき重要なポイントのはずです。保障期間が違えば当然、支払う保険料もずいぶん変わってきます。なので普段、ムダな買い物をしないような心配りを生命保険にも生かされていれば、明確になっているはずです。

 

「何のための、いつまでの保障」というのは、どちらも生命保険への加入時がカギです。

 

「何の保障だったっけ?」「保障期間はどのようになっていたかな?」とイメージが明確にできないようであれば、いま一度ご加入中の生命保険をご確認されてみてはいかがでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ