独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 専業主婦のご家庭で保険のムダを省くために考えるべきこと

専業主婦のご家庭で保険のムダを省くために考えるべきこと

専業主婦のご家庭で、ご主人に万が一があった際の生命保険を検討する際に、是非考えていただきたいことがあります。

 

それは、ご主人に万が一があった時、専業主婦の奥さんは働きにでるのかでないのか、という点についてです。

 

もし「一家の一大事なんだからパートでもやってみるつもり」というお考えであるならば、その収入の分だけ生命保険の保障額を下げることが可能になります。

 

例えば、パート収入が月額8万円程度を見込めるのなら、年収で96万円になり、20年間働くとすると96(万円)×20(年)で1,920万円となります。

 

1,920万円は自助努力でまかなうことができるわけですから、このぶんはわざわざ保険に頼る必要性はなくなります。

 

なので、ご加入中のご主人の生命保険で、保障額に奥さんの収入を見込んでいなかったなら、保障額を1,920万円減額することにより保険料を大幅に節約することが可能になります。

 

パート収入で2,000万円近くになるので、もっと高い収入を得ることができるとすると、さらに保障額を減らせることができます。

 

この考え方は、小さいお子さんにかかりきりで今すぐには勤めに出られないという方でも問題ありません。

 

もし、数年後の小学校入学以降だったら働きにでることができる、ということであれば数年後からの収入をお考えいただければ、その収入の分だけ保障額を減らしていただくことが可能です。

 

無理矢理に保障額を減らすために、できもしない高い収入を見込んでしまうのはもちろん危険ですが、無理のない範囲で見込める収入であれば、保険料を節約するためには決して見逃せない材料ではないでしょうか。

 

ご主人の生命保険は、奥さんの収入を加味したものになっていますか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ