独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 学資保険に加入するなら加入済みの生命保険にムダがでる!

学資保険に加入するなら加入済みの生命保険にムダがでる!

お子さんが生まれる時点で、既に生命保険に加入済みという方は結構いらっしゃるのでないでしょうか?

 

そしてその後、教育資金の積立目的で学資保険を検討するというケースが結構あるように感じています。

 

ここ最近の学資保険で、保険料を払ってわざわざ加入するほどの魅力的な商品はないように思いますが、もしご活用したいという場合には、是非とも気を付けていただきたいことがあります。

 

それは何かといいますと、加入済みの生命保険の保障額を確認するということです。

 

これは、おそらく2つのケースに分かれると思います。

 

1つ目は、加入済みの生命保険の保障額に、お子さんの教育費用が一切含まれていないケースです。

 

詳しくいうと万が一の際、奥さんだけが生きていくのに必要な金額だけが準備されていて、お子さんへの保障の準備が全くないというケースです。

 

この場合、保障額を増やさないことにはお子さんの教育費用等を生命保険でまかなうことができない状況になります。

 

しかし学資保険を利用するということであれば、お子さんへの足りない保障額を全額追加する必要はありません。なぜなら、学資保険には満期金と同額の死亡保障が備わっているからです。

 

ですので、保障額を増やす必要があるとはいうものの、学資保険を併用する場合は学資保険で保障される金額を踏まえたうえで、増やさないといけない保障額を算出しないと、保障のムダが発生してしまいます。その結果、保険料のムダということになってしまいます。

 

もう1つは、加入済みの生命保険の保障額に既に、お子さんの保障額が織り込み済みというケースです。

 

先ほど、学資保険には満期金と同額の死亡保障が備わっているとご説明しましたが、学資保険に加入することで結果、自動的に死亡保障が増額されるかたちになります。

 

ですので、加入済みの生命保険の保障額を学資保険の保障額分だけ減らさないと保障のムダが発生してしまい、そのぶんが保険料のムダとなってしまいます。

 

いずれのケースも、生命保険商品への加入のタイミングがずれることで、先に加入した方の生命保険を確認するということがポイントになってきます。

 

全ての保障を一度に全て加入することの方が、もしかしたら珍しいことなのかもしれませんが、ムダなお金を使わないよう是非、ご注意してほしいところです。

 

あなたの生命保険の保障額は、学資保険の加入時にしっかり確認されましたか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ