医療保険を勧めることができない本当の理由

医療保険のことをネットで調べていると時々

「生命保険会社の医療保険は必要ない」という記事を目にすることがあります。

 

なぜ、このようなことが言えるのかというと

大きくは2つの理由があるようです。

 

一つは、高額な医療費になったとしても公的保険である健康保険によって多くの部分をまかなってもらうことができる、それによって自分が負担しなければならない出費はわずかな金額で済ませることができるので、医療保険に加入する必要はない、というものです。

 

もう一つの理由は、医療保険の値段です。

入院日額5,000円のタイプのものでも、保険料の支払い総額は最低でも100万円程度はします。

入院日額10,000円だと200万円以上にもなってきます。

 

もうお分かりかもしれませんが、保障の内容とそれに必要な値段を比べた時に「お金を払う価値があるの?」というのがもう一つの理由です。

 

 

もちろん支払う保険料は月払いや年払いがほとんどで、一度に支払うわけではないし、途中で止めることも可能ですが途中で止めることを前提に、保険に加入する人はいないはずです。

 

なので、加入を検討とするのであれば、支払い総額をしっかり確認する必要があります。

 

このような理由によって「医療保険は必要ない」と訴える方がいます。

 

しかし、私の場合は別の理由で「医療保険は必要ない」と考えています。

 

正確に言うと「必要ない」というより「オススメできない」というのが正直な感想です。

 

どういう理由かというと、お客さんが保険料を支払うことで「得たい結果を手に入れることができるかどうかが分からない」というものです。

 

保険とは、万が一の際に必要となる大きな出費を補ってくれるものであるはずです。

 

自動車保険や火災保険に加入しておけば、万が一の際には、保険で全てをまかなってもらうことができます。

 

しかし、医療保険はそのような保障内容にはなってはいません。

ご存知のとうり、医療保険の基本的な保障内容は、入院1日あたりの保障額がいくらなのかという内容になっていて、万が一の際に必要となる医療費をまかなってくれる内容にはなっていないのです。

 

医療保険に加入する際、多くの方が入院日額をいくらにするか悩まれますが、それもそのはずです。

 

万が一の際に困らないようにするには入院日額はいくらにすべきなのか、と誰もが悩んでしまうところではないでしょうか?

 

しかしながら、これには答えはありません。

 

なぜなら、医療保険の保障内容がお客さんが求める内容になっていないからです。

医療保険に加入していても、病気で入院した際に必要となるお金が保険で全てまかなわれるかどうかは、その時にならない限り分からないのです。

 

どのような結果を得ることができるのかが分からない商品でかつ、値段が100万円以上もするものを「良い商品だから加入しておきませんか?」とは、とてもじゃないですが私の場合は言うことができません。

 

このような理由から、私はお客さんに医療保険をオススメできていません。

 

もちろん、それを分かったうえで「加入していないと、どうしても不安だから」という方であれば、加入しておくべきだと思います。

そういう意味で私は「医療保険は必要ない」という考えではありません。

 

ただ一部の保険会社では入院が前提になりますが、かかった医療費をまかなってくれる商品も出されています。

そういったものも検討されてみてはいかがでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ