医療保険は保険のニセモノ!

「少額のお金を出し合い、困った人のところにそのお金がわたる」

 

保険の相互扶助精神とは、「何と立派な理念だ」と思ってしまいがちですが

こと「医療保険」に限っては、この理念を逆手にとって保険会社がお客さんを上手に勧誘しているだけ、としか思えません。

 

どういうことかというと、医療保険の保障内容は死亡やがんに比べて「自分たちでどうしても用意できない金額」ではありません。

それもそのはず、一般的な病気やケガで何百万円もお金が必要になることはありませんから、商品の保障は1日入院で5千円、1万円程度が給付される程度の内容になっています。

 

であれば、そもそも保険に加入する必要があるのか?という話になってきます。

 

しかも、わずかな支払いで済めばよいものの、いくら安い医療保険でも総額100万円程度の出費が伴います。

これだけのお金を支払う必要があるのにもかかわらず、受け取れる保障がたかだか知れているのであれば、冒頭の理念にあるような「困った人を助ける」どころか、自分の家計をただ疲弊させていくだけにしか思えません。

 

そういう意味で、私は「医療保険」を保険だと思うことができません。

 

病気がちの方なら、加入した方がよさそうかもしれませんが、そういう方は医療保険に加入することはできません。

保険会社は、病気とは無縁の方しか医療保険に加入させてくれません。

 

みなさんのまわりで、「医療保険に加入していなかったから困った」という人はいますか?

私のまわりでは今のところ、一人も見たことがありません。

 

しかし、ひょっとしたら「私のただの勘違いかもしれない」

「一度に受け取ることができる給付金の額は少なくても、そのお金が多くの人に行きわたっているのかもしれない」と思い

各保険会社が毎年公表しているディスクロージャーを調べてみました。

 

しかし医療保険に関して、受け取っている保険料と支払い保険金のデータを公表している会社はありませんでした。

ちなみに厚生労働省が公開している統計をみると、医療保険の支払い対象になる入院患者に関するデータがあります。

 

それによると、入院している患者さんの割合は約1%程度、つまり100人に1人の割合で入院していることになります。

 

どんな病気で入院しているかは、もちろん人それぞれでしょうが、このような現状で「相互扶助の精神」を用いるには少し無理があるのではないでしょうか?

必要な保障そのままで保険料10分の1!

生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

http://www.fp-hijitsura.com/

 

そのまま実践するだけで保険料9割カットを実現した無料の「生命保険節約レポート」の詳細ページへ

http://www.fp-hijitsura.com/report.html