医療保険の入院日額はどうやって決める?

生命保険各社からはもちろん、損害保険会社からも発売されている医療保険。

 

商品数にすると、おそらく相当の数に上るのではないでしょうか。

 

保険料を重視した商品を投入する保険会社が多いなか、最近は保障内容に独自性を持たせた商品をもってくる保険会社もあったりします。

 

しかし今もなお、医療保険の保障内容については、多くの会社で「1日あたりの入院日額」をベースに設計されているものがほとんどです。

 

ところでこの「1日あたりの入院日額」とは、いくらくらいが妥当なのかを考えられた方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

なので、今回は入院日額の設定にあたっての考え方について、ご案内させていただきたいと思います。

 

 

医療保険に加入する目的というと、そもそも「医療保険」というくらいですから、けがや病気の治療に対する保障が目的であることは確かであるはずです。

 

そうすると、医療保険への加入以前にみなさんが加入している健康保険も同じく、けがや病気への保障であるわけですから、この健康保険をベースにして、足りない保障が発生するか否かを考える必要があります。

 

健康保険の患者負担は、通常3割です。

 

しかしどんな場合でも3割負担かというと、そうではありません。治療費が10,000円の場合は3割負担になりますが、1,000,000円の場合は3割の負担にはなりません。

 

どういうことかというと、健康保険には高額療養費制度というものがあり、医療費が高額になる場合、この制度により患者負担額が軽減される仕組みになっています。

 

どの程度軽減されるかは、所得区分により大きくは2つに分けられており、どちらに該当するかで計算式が異なってきます。また、高額療養費は1ヶ月ごとの治療費で計算していきます。

 

例えば、年収500万円の方の治療費がその月に100万円だったとした場合、通常の3割負担で考えると30万円を負担しなければなりませんが、高額療養費を利用することで、それが9万円程度の負担でおさえることが可能になります。

 

と考えたときにこの方がこの制度を踏まえた場合、健康保険でおぎなえきれていないのは1ヶ月あたり9万円になるわけですから、医療保険の1日あたりの入院日額を検討するとしたら、9(万円)÷30(日)という算式が成り立ち、1日あたりの入院日額は3,000円という設定が妥当になってきます。

 

こうみると、1日あたりの入院保険金の設定は、それほど高くする必要がないことが分かってきます。

 

もし、医療保険に5,000円、10,000円といった入院日額で加入されておられる場合、自分に本当に必要な保障かどうかをいま一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

そうすることでひょっとしたら、節約できる余地がでてくるかもしれません。
 

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ

高額療養費の試算にあたっては、いかにリンク(協会けんぽ)を貼っておきますのでご参考にしてみてください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/sbb30301/1935-66724