加入すべき保険の優先順位は?

生命保険は一般的に「死亡」「三大疾病」「一般的な病気・ケガ」を保障する商品に区分けされます。

 

全てに加入することができれば安心かもしれませんが、そのぶん保険料が負担になってきます。

 

保険はあくまでも生きていくうえでの手段にすぎません。保険料が負担になって、家計がまわらなくなるようでは、本末転倒です。

 

なので全てに加入できない場合は、本当に必要な保険は何なのか、できれば加入しておきたい保険はどれなのか、といった具合に加入すべきかどうか優先順位をつける必要があります。

 

 

ここで重要なことは、起こり得る確率ではなく、起こってしまった場合に一番困るのは何なのか?ということで優先順位をつけるべきだということです。

 

例えば小さいお子さんがいるご家族の場合に最も優先すべき保険は、死亡保障に関するものではないでしょうか?

 

「死亡」「三大疾病」「一般的な病気・ケガ」の中では最も起きる可能性が低いですが、起きてしまったときに一番困るのは「死亡」による遺族への生活保障のはずです。

 

逆に「一般的な病気・ケガ」は、起きる可能性は他の2つより高いかもしれませんが、家計へのインパクトは「死亡」の場合ほど影響がないはずです。

 

そう考えるとお子さんがいるご家庭では「死亡」⇒「三大疾病」⇒「一般的な病気・ケガ」の優先順位で、保険を考えるべきだと思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ