健康保険のキホン

サラリーマンや公務員のご家庭で、ご家族が病気やケガをされたときにまず利用される「健康保険」

 

民間の保険に余計に加入しないよう、あらためて制度を確認していただくのも大切なことだと思います。

 

まず基本的なことですが、健康保険が適用されるのは仕事以外での病気やケガが対象だということです。お子さんであれば関係ありませんが、大人の方の場合、仕事か仕事以外かで健康保険が使えるかどうかが変わってきます。

 

なので繰り返しになりますが、健康保険の適用対象は「仕事以外の病気やケガ」になります。

 

それであれば何でもいいのかというと例外もあります。

 

例えば美容目的の整形や、レーシック手術、出産などがそうです。

あと、知られているところでは健康診断や人間ドック、予防注射なども給付の対象外になります。

 

 

肝心の自己負担ですが、ご存知のとうり小学生から69才までの方が3割負担、70才からが1割負担で、逆に小学校入学までであれば2割負担というふうになっています。

 

仕事以外の病気やケガが対象で3割の自己負担、というところが健康保険を使われる多くの方が当てはまるところではないでしょうか?

 

次回、健康保険について、もう少し詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

PSお子さんに関していえば、健康保険とは別に各市町村にて医療費の助成制度が設けられており、年齢に応じて入通院にかかった自己負担金の払い戻しを受けることができます。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ