独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 保険料を節約すれば、消費税増税の影響なし!

保険料を節約すれば、消費税増税の影響なし!

あと数日で消費税が増税になります。

 

ご存知のとうり、3%の税率アップです。

 

今回の改正で、所得の低い方にとっては、所得税以上の税率となります。さらに平成27年10月には、10%が控えており、住民税と同じ税率になる予定となっています。

 

この消費税、消費して初めて税金が課されるわけですが、「どんなお金でもいつかは使うもの」ということを考えると、給料をもらった時点で8%の税が課されているものと考えてもおかしくはありません。

 

そう考えると、増税分3%の影響は、月給の手取りが20万円であれば6,000円、30万円であれば9,000円となり、ふだんから節約しているご家庭にとっては結構痛い話ではないでしょうか?

 

この3%分、どう回避するかといっても生活費や教育費などの支出を見直したところで、なかなか切り詰めるのは難しいでしょうし、また無理に切り詰めたりすると、生活が窮屈なものになってしまったりします。

 

そこでですが、生命保険や住宅ローンなど、見直しても普段の生活に直接しないものにスポットを当ててみてはいかがでしょうか?

 

もし少しでも節約ができるのならそのぶん、生活スタイルはそのままで消費税の影響を小さくすることができますし、そもそも保険や住宅ローンは大きな出費のはずです。うまくいけば消費税アップ分3%以上の節約効果が生まれるかもしれません。

 

結果として見直すところが何もなかったとしても、これまでの支出となんら変わるところはないですから、損をするということはありません。逆に何もしないことで、消費税増税のあおりをそのまま受けてしまうことになってしまいます。

 

みなさんもご承知のとうり、節約には行動がともないます。

 

どこに目を向けるかは、ご家庭によりさまざまだと思いますが、少なくとも何もしないことで給料の手取り3%が税金となってしまいます。

 

あなたはどこに目を向けられますか?
 

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ