独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 保険料をまとめて払うのはおトクにみえるだけ!

保険料をまとめて払うのはおトクにみえるだけ!

保険会社に支払う保険料は、月払いや年払いの他に、一回でまとめて払ってしまうという方法があります。

 

どのようなタイプの保険でもできるというワケではなく、死亡時に備える終身保険や学資保険などでこのやり方ができたりします。

 

支払いを一度で終わらせるので、保険料は相当な金額になります。

 

数百万円なんていうのもざらにあります。

 

で、どうしてそんなことをするのかといいますと、一度で支払い切る分、月払いや年払いで支払う方法と比べた場合、支払い総額が少なくなるからです。

 

つまり、月払いや年払いと比べた場合、おトクだということです。

 

しかし、おトクだからといってそうした方がいいかというと、決してそういうことではありません。

 

というのも、保険料の支払い原資は家計の財布になるからです。

 

家計の支出は、教育費や住宅ローン、日々の生活費など多岐にわたり、毎年の支出額は子供の成長期により変化してきます。

 

ですのでまとめて払うかどうかは、将来の家計の動きを見据えてから判断するべきだと考えています。

 

これは住宅ローンの繰り上げ返済にも通じる話です。

 

まとめて払った方がおトクだからといって、それが原因で将来の家計が苦しくなってしまっては本末転倒です。

 

おトクな話と、それを取り入れるべきかどうかは、別の問題です。

 

保険料の一括納付をお考えの方、将来の家計を見据えてもう一度、検討されてみてはいかがでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ