独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 保険の保障期間をチェックするだけでムダが分かる!

保険の保障期間をチェックするだけでムダが分かる!

生命保険の保障期間の意味はお分かりでしょうか?
これは文字どうり、保険が適用される有効期間のことを意味します。

実はこの期間をチェックするだけで、保障のムダがあるのかどうかを判断することができるのです。
これは、非常に簡単な方法なので誰にでもできると思います。

どこをチェックするのかといえば
保障がなくなる時期、もしくは年齢を確認するだけです。

もし、保障期間が勤め先の退職年齢とピッタリ一致していたりすれば、かなり怪しい保険に加入していると思っていただいて差支えないと思います。

なぜなら、保険が必要になる期間と退職年齢には、大した因果関係がないからです。
それよりも保障期間の決め手になるのは、子供の人数や年齢の方です。

なので、加入中の保障期間が60才や65才といった、親の退職年齢にあわせた内容だとしたら、ムダな保障がある可能性が大きいです。

さらにいうと、子供がいるからといって生命保険が必ず必要になるかといえば、決してそうではありません。
家計の管理をしっかりおこない、社会保障でまかなえる金額を確認することで保険が必要なかったり、わずかな期間だけ保険に頼れば問題がないケースも珍しくありません。

もちろん、このことをしっかりやり切ろうとすれば、それなりの時間と手間がかかってきます。
しかし、保障期間の確認だけであれば保険証券をチェックするだけですから、大した手間はかかりません。
一度やってみてはいかがでしょうか?

生命保険協会の統計によれば、世帯あたりの平均的な保険料は年間40万円を超えているそうです。
この金額を基準にすれば、保障期間を1年短縮するだけで40万円もの節約につながります。

10年短縮できたら、400万円にもなります。

そう考えると手間や時間はかかりますが、得るものも大きいはずです。

生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

http://www.fp-hijitsura.com/

 

そのまま実践するだけで保険料9割カットを実現した無料の「生命保険節約レポート」の詳細ページへ

http://www.fp-hijitsura.com/report.html