独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 住宅ローン「フラット35」をご利用の方が必ずチェックすべき節約術!

住宅ローン「フラット35」をご利用の方が必ずチェックすべき節約術!

生命保険相談のお客様の多くは、住宅ローンを組んでおられます。

 

保険相談の中では必ずお客様のキャッシュフロー表を作成するので、住宅ローンのことについてもアドバイスを求められることがしばしばあります。

 

で、今回はいくつかある住宅ローンの節約方法の中で、生命保険に関連するものをご紹介させていただきます。

 

それは何かというと、住宅金融支援機構が取り扱う「フラット35」という住宅ローンに関する節約術です。

 

ですので、「フラット35」を利用しているというお客様であれば是非ご覧いただければ、と思います。

 

ご存知かとは思いますが、住宅ローンを利用される方は全員「団体信用生命保険」といって、契約者に万が一のことが起こった時に住宅ローンの残債がなくなる、という保険に加入されています。

 

この団体信用生命保険の保険料なのですが、通常、民間の金融機関で住宅ローンを組んでいる場合であれば、保険料は毎月返済する住宅ローンの中に含まれており、一方「フラット35」の場合、保険料は毎月返済する住宅ローンとは別枠で支払うことになります。

 

別枠の保険料がいくらになるかについては、住宅ローンの借入れ金額、借入れ期間、融資金利によって変わってきます。例えばですが、借入れ金額3,000万円、返済期間35年、金利2.3%だとした場合、1年目の保険料は107,300円になり、35年間の保険料総額でいうと2,165,600円になります。

 

この保険料は、住宅金融支援機構が取り扱っている「機構団信特約制度」を利用した場合のものなのですが、必ず加入しなければならないものではありません。ですので、この保障を民間の生命保険会社の商品で代用させることで、保険料を節約します。ここがポイントになります。

 

例えば上記と同じ条件で、加入時の年齢が30才男性の場合でいうと、年間保険料は30,000円程度で済ませることが可能になります。保険料総額でみても1,050,000円になるので、機構団信特制度を利用するケースと比べて、総額で100万円強の節約が可能になります。

 

このように、保障内容が変わるわけではないのにどの保険を利用するかで支払い総額が大きく変わってきます。住宅ローンで「フラット35」を利用されておられる方は、是非チェックしていただければと思っています。

 

ただし、民間の保険会社を利用する際は、加入時の年齢により保険料が変わってきますので注意が必要です。35才くらいまでであれば、民間の保険会社の商品を利用するケースの方が安くなるケースが多いですが、そうでない場合は節約効果がないケースもありますので、必ず事前に保険料シュミレーションをしておくことをオススメします。

フラット35をご利用の方、保険料の節約はもうお済みでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ