万が一って実際どのくらいの確率?

万が一、万が一といいますが、実際のところ死亡する確率ってどのくらいのものなのかご存知でしょうか?

 

厚生労働省のホームページをみてみると、年齢別の死亡率というものが掲載されています。

 

平成25年度の統計によると例えば30才の方の、10万人あたりの死亡数をみてみると52.6人となっています。

 

なので確率でいえば、0.052%ということになります。

 

10,000人あたり5人程度になるので、「万が一」の言葉のとうり、めったにないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

40才になると、確率は30才と比べて2倍に上がり、0.1%程度強となり1,000人に1人くらいの割合になります。30才より数字が上がるとはいえ、それでもまだまだ確率としては低いといえるのではないでしょうか。

 

だったら生命保険は必要ないのではないか?というお考えもでてくるのかもしれませんが、滅多にないからこそ「保険」という手段が、万が一の際の経済的リスクを回避できる選択肢の一つとして存在価値を示してくれるのではないかと考えています。

 

滅多に起きないからこそ、掛け捨てタイプを利用すれば掛け金はわずかで済みます。

 

わずかな掛け金で大きな保障を確保する。これこそ最も有効な保険の使い方ではないでしょうか。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ