リビングニーズ特約ってそもそも何?

おそらく全ての生命保険契約に付帯されていると思われるものに「リビングニーズ特約」とよばれるものがあります。

 

「おそらく全ての契約に」というのは、保険料がかからないから、という理由からです。

 

で、この「リビングニーズ特約」というものがどういうものかというと、被保険者の方が重い病気にかかってしまい、医師から「余命6ヶ月以内」と宣告されたときに、死亡保険金を生前に受け取っていただくことができるという特約になります。

 

「余命6ヶ月」ということは「死」が前提となっているので、保険会社からすれば行く行くは支払うことになる保険金を先に支払うだけのことなので、保険料がかからないわけです。

 

しかし先に受け取ることができるということは、当事者からすれば大変ありがたい制度ではないかと思います。保険金の使い道は自由なので、治療費はもちろん、その他の用途にも使うことが可能です。本来、生命保険金というものは残された遺族への経済的保障ではあるはずですが、「死」を目前に控えた方に、治療に専念してほしい、何かしらの事をさせてあげたい、どこか連れて行ってあげたい、という思いは人としてあるべき感情ですから、そのためにお金を使うということについては、何の疑問の余地はないと考えています。

 

生前に受け取ることができる金額は、上限で3,000万円までとなっています。なので、それ以上の金額の生命保険契約の場合は、残りを亡くなった後で受け取っていただく形になります。

 

もし、生前に受け取ったお金を使い切らないうちに亡くなってしまった場合は、残ったお金については相続財産として相続税の課税対象になってくるのでご注意を下さい。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ