マイホーム購入前は生命保険の見直しを!

ネットで生命保険の見直し時期はいつなの?という質問を時々目にすることがあります。

 

それには結婚する時だったり、お子さんが生まれた時だったり、人生の中の大きなイベントで保険を見直すべきだという答えがよくでています。

 

そういう意味では、マイホームを建てるということも人生の大きなイベントであるわけですから、見直し時期の一つになるのではないかと思います。

 

賃貸から持ち家に代わって住宅ローンを組んだりすると、基本的に団体信用生命保険への加入が必須となります。

 

これは、住宅ローンを組んだ契約者に万が一が起こった際、生命保険によりローンの全額が支払われることにより、住宅ローンの返済が終了するというものです。

 

このことを踏まえると、少なくとも万が一の際の住まいへの経済的リスクは団体信用生命保険で保障されるわけですから、賃貸生活を営んでいた際の、住まいへのへ経済的リスクは全額カットできるようになります。

 

もし、それが可能で他への出費の必要性がないのであれば、保障をカットすることで生まれた原資を住宅ローンの費用に充てることが可能になります。

 

マイホームの予算を増やしたいというお考えの方であれば、保険への費用カットすることができるうえに、マイホームの購入予算を増やすことができるという、まさに一挙両得の予算振り替えが可能になります。

 

生命保険も住宅ローンも、一度始まってしまえば当面は継続的な支出となってしまいます。

 

そういう意味において、マイホームの購入時期というのは、生命保険の絶好の見直し時期ではないかと思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ