独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > もしもの時の遺族年金は、社会保険事務所に行けば分かる!

もしもの時の遺族年金は、社会保険事務所に行けば分かる!

生命保険を検討する時に、決して忘れてはならないのが国による社会保障です。

 

病気やケガであればご承知のとうり健康保険が使えますし、死亡の場合でも「遺族年金」というものが支給されることになっています。

 

この保障がいくらあるのかを確認して、その保障が自分の将来の家計と見比べて足りているかどうかを見極めて、はじめて民間の保険に加入すべきかどうかという話になります。

 

そうしないとムダな保険料を払うことになりかねません。

 

遺族年金がいくらあるのかを確認することは、すごく重要なことだと考えています。

 

しかしこの遺族年金ですが、計算が複雑にできています。

 

というのも遺族年金の計算はサラリーマンや公務員の場合、社会保険への加入月数、平均給与、賞与、家族構成などを根拠にして金額を算出する仕組みになっているからです。

 

これらがすべて明確に分かれば計算は可能ですが、全てを把握することはなかなか難しいことです。

 

なので自分の遺族年金がいくらになるのかを正確に調べるには、社会保険事務所に行って確認することが、手間はかかりますが最も確実な方法だと考えています。

 

手間がかかるからといって遺族年金がいくらなのかを想定の範囲で考えたり無視してしまうと、加入すべき生命保険の金額も想定の範囲でしか考えることができません。

 

そうなるとその保険自体が、必要な保険なのかどうかが怪しくなってきます。

 

そんなことがないように一度、ご自身の遺族年金について社会保険事務所まで確認されてみてはいかがでしょうか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ