がん保険は何才くらいから加入すべき?

誰が決めたのかは分かりませんが、社会人になると医療保険に加入される方は結構いるようです。

 

その後、結婚して子供が生まれたのをきっかけに、生命保険に加入する流れになります。

 

では、がん保険はいつ加入すべきなのでしょうか?

 

国立がん研究センターの統計資料をみてみると、一定の年齢幅を設けて、がんに罹患する方の割合がでています。

 

それによると、0才から34才まででがんに罹患した人の、全がん患者に対する割合は2%だそうです。

 

また、35才〜64才のがん患者の、全がん患者に対する割合は約32%にのぼります。

 

そして65才以上のがん患者の、全がん患者に対する割合は約66%にまで跳ね上がってきます。

 

このデータで分かることは、「35才以上のがん患者の割合が約98%」ということと「がん患者の3人にうち、2人は65才以上」ということではないでしょうか。

 

とすると、がん保険への加入時期をあえて考えるとすると35才、もしくは65才というところがポイントになるのではないかと思います。

 

※これはあくまでデータ上のことですので、実際のご加入の必要性や、時期についてはご自身でご判断されることがベストだと思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ