がん保険に加入する際に考えるべきこと!

「がん保険に加入したい」と思った時に、ぜひ考えていただきたいことがあります。

 

それは何かというと保障期間のことです。

 

がん保険には、一生涯を保障の対象とする「終身保障」と、一定期間を保障の対象とする「定期保障」があります。

 

これだけを比べるなら「終身保障の方が安心」と思われるかもしれません。しかし、定期保障のがん保険には治療費を無制限で保障してくれる商品がある一方、終身保障の方にはそのような商品がありません。

 

終身保障のがん保険の保障内容とは通常、契約当初に選択した金額を受け取るというものが一般的です。

 

このお金はよく「がん診断給付金」という呼び方をされ、100〜300万円のあいだで選択するケースがほとんどです。

 

がんと診断されたら給付しますというものなので、実際にかかった治療費がいくらであろうが100〜300万円のがん診断給付金を受け取ることができます。なので、治療費が安く収まったりすると場合によっては実入りが発生する、なんてこともあるのかもしれません。

 

しかし治療費がとんでもなく高額になったらどうでしょう。がん保険に加入しておいたのに、保障が足りないということでは何のための保険だったのかということにもなりかねません。

 

一生涯の保障というのは確かに安心感は高いですが「何のためにいくら必要か」「いくらあったほうがいいのか」という保険の本質を抜きにして考えてしまうと万が一の際に期待外れだった、なんてことにもなりかねません。

 

お客様にとっての選択すべき商品を間違われることのないために、どんな保障をお望みなのかで定期保障のがん保険なのか、終身保障のがん保険なのかをご選択いただければと考えています。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ