がん保険、切り替えの際はここに注意!

自動車保険や火災保険といった損害保険と違い、生命保険の場合は、申込み手続き日=その日から即保障開始、とはなりません。

 

なぜなら、生命保険には保険の対象者の方の健康状態の審査が必要で、その是非を判断するのは保険会社だからです。

 

損害保険の場合だと、手続きしてくれる担当の方が保険契約の代理権をもっているので、手続きと同時に保障を開始することは可能なのですが、生命保険の手続き担当者にはそのような資格がありません。

 

とはいえ、健康状態に問題がないとの判断を保険会社がしてくれれば、保険の申し込み手続き日、(病院などで)健康状態の審査をした日(告知書に記入した日)、第1回目保険料の支払い日のうち、最も遅かった日にさかのぼって保障を開始してくれます。

 

通常、保険の申し込み書に記入するのと同時に、口座振替の手続きや、告知書への記入をするのが一般的だと思うので、多くの場合は保険の手続き日=保障の開始日となるのでしょうが、保険会社による健康状態に関する審査が後になってしまうぶん、契約が成立するかどうかは何日か待たないことには分かってきません。

 

このような保険会社の判断の遅れによって生命保険の場合、見直しをされる場合はあくまでも申し込んだ契約が成立したことを確認してから、これまで加入していた契約の解約手続きをする必要があります。

 

もしこの手順を逆にやってしまって、申し込んだ契約が成立しなかった場合は、保障が全くない状態になってしまうので注意が必要です。

 

このケースで最もご注意いただきたいのは、がん保険の見直しです。

 

がん保険の場合、多くの保険会社で契約日から3ヵ月間、もしくは90日間を保障の対象外という規定を設けています。これを保険会社では、がん保障の待ち期間と呼んでいたりします。待ち期間を過ぎてから保障が開始されます。

 

なのでもし、申し込んだがん保険の契約が成立したからといって3ヵ月、もしくは90日間を待たずにこれまで加入していたがん保険を解約してしまうと、がんに対する保障が無くなってしまう期間が発生してしまいます。

 

こういった不具合を解消しようと思うと、加入済みのがん保険の契約を3ヵ月だけ延長させるか、もしくは待ち期間のないがん保険に加入するかのいずれかしか方法がありません。

 

とはいえ、加入済みのがん保険を延長すれば、新たに申し込んだがん保険とで保険料が重複してしまう問題が考えられますし、待ち期間のないがん保険の方でも、一部の保険会社しか取り扱っていないので保障内容が満足できるものかどうかという問題があります。

 

いずれしましても、生命保険の切り替え、特にがん保険の場合は注意が必要になります。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ