おトク?でも家計に大きな負担!終身保険!

生命保険の中に「終身保険」といわれるものがあります。

 

その名のとうり、保障が「終身」、つまり一生涯続く保険になります。

 

一度加入すると、死ぬまで保障が続くわけですから、必ず保険金を受け取ることができます。

 

保険金が必ずもらえるって、加入する側にとっては何ともありがたい保険です。

 

誰もがこの保険に加入すれば、みんなが必ず保険金を受け取ることができるようになるわけです。

 

また、これだけではありません。

 

終身保険は、保険料の支払いを60歳払い込み満了といって、60才で保険料を支払い終える、といった払い方や、最初からまとめて全額を支払い切るなど、支払い方法にバリエーションがあります。

 

そして保険料の支払いを早めに終える支払い形態の場合、ほとんどの商品においてキャッシュバリューが生まれます。

 

どういうことかといいますと、保険料の払い込みを終えた後で保険を解約した場合に、解約返戻金という現金を受け取ることができるのです。

 

解約ですからもちろん、保障はなくなってしまいますが、契約年数によっては保険会社に払った保険料総額以上の、解約返戻金を受け取ることが可能になります。

 

つまり、儲かっちゃうって話です。

 

保障を続ければ一生涯で、途中で解約しても、タイミングによっては払った以上の金額が返ってくる、ってまるでいいことづくめの保険のようにみえます。

 

 

しかしこの終身保険、デメリットというか・・・・・・正直、保険料が高いです。

 

たとえば30歳で男性の方が、1,000万円の終身保険に加入した場合(保険料支払い60才で完了)の毎月の保険料は、だいたい20,000円くらいになります。

 

この場合、さきほどのご説明のとうりで、もし60才以降に保険を解約した場合、経過年数によっては払った以上の現金を受け取ることはもちろん可能ですが、そこまでの道のりにはすくなくとも30年はかかりますし、保険料総額にしても20,000(円)×12か月×30(年間)=720万円もします。

 

 

こうしてみると、ご加入後から保険料の払い込みが終わるまでに途中解約の心配がない方であれば、良いのかもしれませんが、金額的なところに着目した場合、一般的なご家庭にはあまり実用的ではないような気がします。

※払い込み期間中の解約において、解約返戻金は発生しますが、多くの場合、払い込んだ保険料を割り込む金額にしかなりません。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ