あなたは既に保険に加入している!?

生命保険の相談に来られたお客様に必ずお伝えしていることがあります。

 

それは、「あなたは既に保険に加入されていますよ」という話です。

 

必要最低限の保険で済むように、いつも必要死亡保障額の算出には細心の注意を払って設計にとりかかっていますが、出てきた必要死亡保障額を「まるまる生命保険でまかなう必要はありません」とお客さんにお伝えすると、「エッ?何で?」という反応が返ってきます。

 

どういうことかというと、タイトルにもあるようにお客さんは既に保険に加入されているからです。

 

サラリーマンや公務員の方は、厚生年金や共済年金の被保険者、被共済者になられます。

 

つまり、万が一の際の死亡保障が備わっているのです。

 

なので、それら公的な保障を踏まえても保障が足りないのであれば、はじめて生命保険への加入を検討する必要があるというわけです。

 

これらを無視して死亡保障を算出してしまうと当然、ムダな保障がついているわけですから支払う保険料もムダが発生しているということになります。

 

医療保険も同じ話で、健康保険に加入されている以上、一般的な治療であれば患者負担は3割で済みます。

 

皆さんは既に保険に加入しながらも、さらに上乗せして保険への加入を検討されているということになります。

 

もちろん必要であれば検討する必要があるわけですが、あらためて「既に保険に加入されていますよ」と説明すると、「そういえばそうだな」とか「生命保険に加入せずとも、死亡保障って備わってるんだ」という反応が返ってきたりします。

 

給与天引きされているせいか、あまり実感が湧かないのかもしれませんが、毎月結構な保険料を支払われているのです。

よかったらあらためて、給与明細書の「健康保険」や「厚生年金」をご確認してみてください。

 

そこに書かれている金額を2倍にしたものが、あなたの一か月分の保険料になります。(事業主がもう半分を負担してくれています)

 

 

小さいお子さんがいるご家庭であれば、今後の教育費の対策が必要だったり、マイホームのことだったり、お金が必要になる場面がたくさんでてきます。

 

そういう意味では、保険に回すお金もしっかり考えないとほかの支出に影響がでないとも限りません。

 

生命保険を検討する際は「既に保険に加入している」ということを忘れずにしていただくことが大切です。

 

 

ちなみに、いくら公的な保障をしっかり踏まえたとしても、必要死亡保障額を算出するためのライフプランがおおまかなものであれば、死亡保障額は大きくなってしまいます。(ライフプラン用のソフトは保険会社や無料相談ショップを中心に、いろいろなところで使われていますが、誰でも簡単に操作ができるようになっているぶん、保障額が大きくなりがちになる傾向があります)

なので、数か所で相談されてみる方が良いのではないかと思います。

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ