独立系FPによる保険見直し FPひじつら > プロが教える!知って得する保険の知識 > 「相談無料」「保険料が安い」に飛びつくとかえって損をする!?

「相談無料」「保険料が安い」に飛びつくとかえって損をする!?

先日、家族で食事に行くことになったのですが、子供たちが「このまえは回転すしだったから、今度は焼き肉が食べたい」というので近所の焼肉屋さんに行こうかということになりました。

 

で、その時に私が感じたことは、焼き肉なんだから回転すしより値段は高くつくだろうな、ということでした。

 

その焼肉屋さんは、チェーン店でもなく、個人でやっているお店なのですが、お肉の価格設定が1皿あたり600円くらいといった、割と良心的な値段のお店ではありました。

 

それでも私は、回転すしより高い金額になるだろうと思いました。

 

というのも、みなさんもご存じのとうりで回転すしは1皿がたったの100円です。いくら良心的な価格設定をしているとはいえ、回転すしより安くなるはずはない、とたかをくくっていました。

 

前回、回転すしに行った時の会計は5,500円くらいでした。少し食べ過ぎ?と思われるかもしれませんが、ウチは子供が3人いるおかげで、空いたお皿が山のように積み上がっていきます。

 

回転すしで5,500円だから、1万円で収まったら、まあいいかな、くらいの気持ちで焼き肉屋さんに行きました。

 

焼肉屋さんに行くと、みんなモリモリお肉を食べて、ご飯をほおばっていました。皿が空くと、お肉の追加注文をして、さらにご飯のおかわりもしていました。

 

で、みんなおなか一杯になったので、会計をしてもらったのですが、値段を見てビックリしました。

 

3,910円・・・

 

・・・

 

エ?これだけ?

 

・・・伝票をみても間違いはありませんでした。でも同時に、どうしてその値段に収まったのかも理解ができました。頼んだ注文の中に、「ゴハン大×4」との記載があったのです。

 

このお店のゴハン大は、普通のお茶碗2杯半ぐらいの量があるのです。

「なるほど、お肉の追加注文もしていたけど、一緒にご飯も食べていたからそれでお腹が一杯になったわけか」

 

つまり、商品あたりの単価は、回転すしと比べて高いことは間違いないのですが、商品あたりの「量」という観点から見た場合に、この焼肉屋さんは回転すし屋さんの1皿100円という魅力が全くなくなるほどの商品量(食べ物)を提供していた、ということが価格の安さにつながったわけです。

 

結局、高い料金を払わなければならないと思っていたものが、実際は逆の結果となったわけです。

 

価格が安いイメージは、あくまでもイメージでしかない

 

このような話は、生命保険の業界にもよく似たケースがあります。

 

一つは、無料相談をうたった保険勧誘です。

 

テレビのCMでもよくやっている、保険会社何十社からあなたに最適なものを選択しますとアピールする会社があったり、ネットを通じて、さもおトクになるんじゃないの、と思わせて無料で保険相談に持ち込ませる会社があったりします。

 

しかし、ボランティアで事業が成り立つ会社など存在しません。お客さんにはおトクなように見せかけて、しっかり手数料を巻き上げることができるから、無料で相談が受けられるわけです。

 

私のお客さんでも、無料相談ショップで加入したり、相談を持ちかけたりしたことがあるというお話をよく伺います。ですが多くのケースでは、死亡保障の設定が高すぎたり、必要死亡保障額の形にふさわしくない保険商品が採用されていたりしています。なかには、死亡保障が不要なのに、生命保険に加入していた、というケースもありました。

 

無料相談そのものは、良いことだとは思いますが、お客さんが知らないことをいいことに、必要としない商品を売りつけるというのは、お客さんに対して大変失礼な行為だと考えます。結局、無料相談に対応するためのコストを保険の契約手数料に上乗せするのであれば、本末転倒な話です。

 

もう一つは、大手国内生保会社の更新型商品です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、保険の更新といってそのたびに契約手数料を巻き上げるケースです。契約している保険に見直し時期を設けること自体は、良いことですが、そのたびに保険料が跳ね上がっていくのは大きな問題です。

 

20〜30才くらいの時に、「あ、これだったら払えるかな」と思った保険料が、2、30年先に7倍程度まで膨れ上がってしまってはたまったものではありません。また、この手のタイプでたちが悪いのは、保険料が急には膨れ上がらないという点です。40才くらいの更新では、「少し上がったな」くらいの印象しかお持ちにならないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしそんな方でも50〜60才あたりの更新ではビックリせざるをえないでしょう。保険料はとんでもなく跳ね上がってきます。

 

このようなケースだと、新車1台分(しかも外車です!)のお金を保険会社に余分に払ってしまうかたちになります。

 

あなたの「無料相談だからおトク」「とりあえず今は払っていけるから大丈夫」というその思いは、ひょっとしたらイメージのままになっていないですか?

>> 生命保険代ゼロ円チェックサービスの詳細ページへ

そのまま実践するだけで保険料9割カットできる!「生命保険節約レポート」無料プレゼントの詳細はこちら
>> 生命保険節約レポートの詳細ページへ